せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回大阪アジアン映画祭『ポーとミーのチャチャ』(12・台湾)★コンペティション☆ジャパン・プレミア★








■3月9日(土)19:40~  梅田ブルク7 シアター3


■恐縮ですが、、、ワタシの評価:★★★★★(5点満点
*今映画祭鑑賞作品5本目にして、
 初めて心の底から拍手を贈りたくなった


■タイトル「 これが長編初監督?!台湾の勢いスゴイ!! 」







【 まえがき~5本目~ 】
本日5本目、締めくくりの作品。

あと1本になったからか、
疲れも吹き飛びハイテンションに


劇場入口で意気揚々と、
“観客賞”の投票用紙を受け取ろうとしたところ、
映画祭スタッフの誰一人として、手に持っていない。

ワタシ : 「 観客賞の投票用紙はないんですか? 」
係の人 : 「 この作品は配っていないんです 」

コンペティションで、観客賞の対象になっていないなんておかしいなぁ
ワタシの勘違いだったかなぁ( よくやらかす


なるべく気にしないように、上映開始を待ちました




【 あらすじ 】
17歳の双子の姉妹ポーとミーは、身長も成績も部活も同じ。
両親以外は誰も二人の見分けがつかないほどに瓜二つだった。
そんな二人の前に、恋心を抱く男性が現れて・・・・・・。




【 感想~キメ細やか~ 】
一卵性双生児の双子を一人二役で演じた、ホアン・ペイジア。
本作が、長編初監督作品になる、ヤン・イーチェン監督( 脚本も自ら執筆 )。

初めて尽くしだったのが、吉と出たのかもしれませんが、
とてもとても、初監督と、新人女優が作り上げた映画には見えない



胸がキュンキュンするようなオープニングで幕開け。

本編は、高校時代を中心に、
多感なお年頃にありがちな恋心や、
大人になろうともがくさまが、キメ細やかに描かれる。

高校時代なんて、1人だけでも、
十分に語れてしまうのに、これが双子だから余計ややこしいことに。


双子に限らず、年の近い兄弟がいるかたは、
自らも経験されたことがあると思うのですが、どうしても比較される。

「 兄弟(姉妹)としてではなく、一人の人間として見て欲しい 」


こんな、
なんだか胸の奥底がモゾモゾしてしまうような一面を描く一方、
双子の恋愛を絡め、クスリと笑みが零れてしまようなエピソードも。


双子作品だとありがちな定番も、使ったのは最終盤の一度っきり
( ネタバレ防止で、詳細には触れないようにします )。


脚本がキメ細やかなだけでなく、
ホアン・ペイジアの表情演技も、本当にキメ細やか。

さらに、そのひとつひとつの表情を様々なカットで撮り、
彼女の魅力を最大限に引き出した、撮影監督にも大拍手


本編からエンドロールへの入り方も、
非常にスムーズで、なんだかまだ本編が続いているような気に。


オープニングの大切さ
エンドロールの大切さ


こんなことも改めて認識させてくれた、
素敵で、素晴らしい作品でございました




【 あとがき~観客賞~ 】
大感動で気持ちよく劇場出口に向かうと、なにやら騒がしい。

「 観客賞の投票用紙をお配りしております!!!!! 」

ワタシにしては珍しく勘違いではなかったようで
しかしまぁ、映画祭で投票用紙を配り忘れるなんて聞いたことないんですけど


苦笑いを浮かべつつ、投票用紙を受け取り、
一番高い評価をつけて、投票箱に一票を

あっ、残念ながらチケットを2枚購入しても、投票用紙は2枚ついてきませんよ







台湾映画の期待作「寶米恰恰」←アジアンパラダイスさんより






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

日本国内で開催される映画祭 一覧 

はじめまして、山本と申します。

日本で開催される映画祭の一覧を作りました。
地方の小さい映画祭まで、できるだけ集めました。

私自身、映画の製作に携わっている人の話を聴くのがたいへん好きです。
昨年は、古湯の映画祭と湯布院記録映画祭に参加しました。

よろしければご利用ください。
http://www.ajisai.sakura.ne.jp/~tabi/rink/01eigasai.htm

大阪のアジア映画祭、行きたかったです(涙)
以前大阪に住んでいましたが、そのときは映画に強く興味がなかったので。
第8回になるのですか。
現在はラオスとの国境沿いのタイの田舎に住んでいます。
日本に行ったときには映画の見だめをします。
ありがたいことに、インターネットがあるので情報には困ります。

Re: 日本国内で開催される映画祭 一覧 

☆やまもとさん☆
コメントありがとうございます。

映画祭HPものぞかせてもらいました。
こんなにもあるんですね!!


一応、抜けていたもので、1月から順に、、、

・トーキョーノーザンライツフェスティバル(東京・渋谷)
・シンガポール映画祭(東京・六本木)
・ラテンビート映画祭(複数会場)
・ブラジル映画祭(複数会場)
・真・韓国映画祭(複数会場)

が、あります^0^


私も、映画祭の雰囲気と、
監督やスタッフさんと直接触れ合えるのが大好きです。

本日から、大阪アジアン映画祭に、
また行きますが、終了3日後の3月20日には、
イタリア映画祭のチケットゲットに走ります。


外国にいらっしゃるようですが、
お身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。

これからも、よろしくお願いします^0^
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2013.03/15 07:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。