せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏の庭 The Friends』(1994・日本)




↑   ↑
大好きなシーンと、
トークショーの様子







■1月29日(月)12:00~  ユーロスペース スクリーン2


■恐縮ですが、、、ワタシの評価:★★★★☆(4点)
*特別上映で料金が1200円ですから

■タイトル「 蒸し暑さでなく、心地よい温かさ 」







【まえがき~道~
昨日から、ユーロスペースへの道順を、
文化村側でなく、ライブハウス側からに変更。


文化村側から来ると、
平日でも歩道に人が溢れているのですが、
ライブハウス側から来れば、あまり人がおらず、
“自分のペース=早足”で歩くことができます


ただそれは、本館を訪れたことのある人なら誰しも知っていること


いや、、、
先ほど、“ライブハウス側”と綴りましたが、
実際は、“ラブホテル街”で、物騒な雰囲気が漂っているのです


映画ファンのかたには、

「 園子音監督作品恋の罪の舞台になった場所です 」

と、お伝えすればイメージが湧くのではないでしょうか


実際、レイトショーに足しげく通っていたころ、
映画館入口で、舞台挨拶を控えた若手女優にマネージャーさんらしき男性が、

「 いい。終わったら絶対に左に行くんだよ(文化村側)
  絶対に、右に言ったらダメだよ!わかったね(ラブホ側) 」

何度も注意をしている姿に居合わせたことがあるくらいですから


まぁ、そもそも、

“そんな場所に映画館を作るなよ!”って話なんですけどネ




【あらすじ】
小学6年生のサッカー仲間、木山諄、河辺、山下の3人は、
ふと人の死について興味を抱き、近所に住む老人に目をつけ、
彼がどんな死に方をするか見張ることにし始めたところ・・・・・・




【感想~あたたかい~
三國連太郎さんが子供たちを見る眼差しに始まり、
子供たちを撮るカメラ、役者を含むスクリーンに映る、
すべてのものが、とにもかくにも、温もりにあふれています。

細かい技術的な部分は説明できませんが、
フィルムだからこそ撮り得た淡さによるものが大きいかなぁと。

きっと、デジタルカメラで撮ってしまうと、
それはそれで、表現できたのでしょうが、画質が細かくて、
スクリーンに映るそれは、全く別物になってしまった気がします


“あたたかさ”

本作のテーマとして、決してぶれない、
ふっとい大黒柱として、デンッと構えてくれていました。

役者さんたちの、その役割は、
もちろん、三國連太郎さんしかおりません




【あとがき~うっすら涙~
クライマックスでは、うっすら涙を浮かべてしまった本作


安っぽいCG?
合成画像が挿入されるシーンがあるのですが、
それがかえって“あたたかさ”を感じさせてしまう、
高級ワインではありませんが、長期間寝かしておいたのがよかったのか


鑑賞してから4日間経っていますが、
まだ心の奥底に“あたたかさ”が残る、

「 本作と、このあたたかさは、記憶から消えないかも 」

すこぶる良質な余韻を残す作品でございました







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。