せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『声をかくす人』(11・アメリカ)






↑   ↑
予告編と、
主要キャストへのインタビュー







■11月4日(日)16:10~  銀座テアトルシネマ
*いつ来ても、ハイソな雰囲気がある映画館だなぁ

■恐縮ですが評価:★★★★★(5点満点
*本日、前2作のモヤモヤを一気に払拭してくれました

■タイトル「 法を守るため戦い続けた男 息子を守るため口を閉ざし続けた女 」







【まえがき~まさか!&キャンペーン~
何度、訪れている映画館でも、
一度も座ったことがない席ってあるもの。

例えば、新宿ピカデリーのプレミアムシートとか、
TOHOシネマズ六本木スクリーン7の貴賓席らしき場所とか


本日、いつも座っている席が埋まっており、
一度も座ったことのない2階席へ。

受付:「 前が非常に狭くなっていますが、よろしいでしょうか・・・ 」
愚生:「 でも、前通路ですよね?(目線を)遮るものは何もありませんよね? 」
受付:「 はい、そうですが・・・・・・ 」

オーバーに案内しているのだろうと、余裕をかまして行ったところ、
本当に、笑ってしまうほど狭い。きっと、2時間座るのが精一杯

◇   ◇

新たな席にも巡り合えた銀座テアトルシネマ。
残念ながら、2013年、来年の閉館が決定済み

本作から“さよならカウントダウンキャンペーン”開始


全国で銀座テアトルでしか上映されていない作品もあった貴重な映画館。

運営する東京テアトルは「ヒューマントラストシネマ有楽町で上映する。
そして、代替の新しい映画館運営も検討中」と発表していますが、私は懐疑的


むしろ、期待しているのは、12月22日に新宿東口前に、
2スクリーン体制で、オープンする武蔵野館系列の「 シネマカリテ 」


新宿は、近い将来「 東映(バルト9)・松竹(新宿ピカデリー)・
東宝(TOHOシネマズ新宿 ※歌舞伎町に建設中) 」大手シネコン3社が、
揃い踏みしますので、独自色のある作品を上映しなければ生き残れませんからね


そんな、東京を取り巻く映画環境にも、思いを巡らしながら、
「マジ、狭いなぁ」と苦笑いを浮かべ、上映開始を待ったのでした




【あらすじ~作品概要~
アメリカ合衆国で死刑に処された、
最初の女性、メアリー・サラットの話を映画化




【心に残った、本作の鍵にもなるセリフ】
・戦時の前では、法は無力
  1人の命よりも、国民の命を守るため。
  民衆の怒りを収めるため、薄々無実と、
  感づきながらも、死刑執行してしまう。
  
  最近、新聞紙上を賑わす“ポピュリズム=大衆迎合”
  きっと、これもその一種なのでしょうね




【初心に戻り“10行を目安に綴りたい”感想】
上部動画、インタビューに答える役者さんと同じく、
本作を鑑賞するまで、この史実は知りませんでした。


法に則り、アメリカ全国民を敵に回しても、
メアリー・サラットの命を救おうと弁護士の、
職務を全うしようとする姿勢は、時代こそ違え、
東京国際映画祭で鑑賞した『アンナ・ハーレント』と重なります。



裁判に勝てば、アメリカ全国民からの敵視は決定的。
裁判に負ければ、弁護士失格。


“前門の虎 後門の狼”


メアリー・サラットを救うため、
法の知識を駆使、時には彼女の意に反する証言もさせる。
メアリー・サラットに入れ込むあまり、恋人にも去られてしまう。

いつしか、己の弁護士としてのキャリア意識はなくなり、
メアリー・サラット、己が弁護する被疑者を救うためだけに没頭。


しかし、アメリカ合衆国(大統領)は、
1人の命と、全国民の命を天秤にかけ、メアリー・サラットを処刑してしまう。


・命に重さはあるのか
・法とはなにものなのか


エンドロール中、そして家路につく地下鉄車内、
次から次へと、思考が湧き、止まりませんでした




【あとがき】
う~ん、やはり10行でまとめるのは難しい。
ツマラナイ映画だったら、簡単なのですが

◇   ◇

実話をベースにした作品内容だけでなく、
映画を見ながら目を細めてしまうほどまぶしい、
光を監獄に射し込ませることで、暗澹たる前途を、
コントラストにして浮かび上がらせるなど、映像や、
セット、なんと言っても俳優陣の演技に唸らされました


・母の子供を想う愛
・その想いに甘える息子
・想いを知りながらも母を救いたい娘
・息子、娘、最後に自分が救われることを神に祈る母
・疑わしきを感じながらも、息子を匿う聖職者たち(神に仕える者)


絡み合う想いが人の描き方を重層的にし、
お客さんを作品に惹き込む源泉になっていました

◇   ◇

パンフレットを購入しようと見本を斜め読み。
ところが、映画とは正反対に、薄いのなんのって


映画館を出ると、外は小雨
雨に打たれ、カラダを濡らしながら、帰ったのでした
(注:傘を持ってなかったからではなく、本当に、そういう気分だったんです








『声をかくす人』公式サイト






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

せぷたか。さん、おはようございます。

『銀座テアトルシネマ』関西人の私にはどれ程の歴史が詰まった映画館か全く分からないのですが、自分がよく行っていた馴染みの場所が閉館になるって寂しいし悲しいですよねv-406
私も約4〜5年前に頻繁に行っていた映画館が潰されてしまいショックを受けた事があるので分かります。

そして『声をかくす人』”考えさせられる作品”との紹介で興味を持ってやってきたのですが、史実に基づいたお話しなのですね。
私も全く知りませんでした。

鑑賞の際はそれなりに勉強してから観た方が良さそうな1本ですねv-265v-353
  • posted by ぶち 
  • URL 
  • 2012.11/20 09:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

☆ぶちさん☆
コメントありがとうございます。

『銀座テアトルシネマ』
収容人員も少なく、前の席との幅も、椅子の横幅も狭い、
ある意味、歴史を感じさせる映画館だったのですが、経営会社の、
業績も芳しくなく・・・(株価100円を行ったり来たりv-35

潰れてしまっても、ブログに綴った通り、
新宿に新たなミニシアターがオープンしたり、
数年後、新宿だけでなく、此方の映画館の近くにも、
TOHOシネマズのシネコンが完成するので望みは持っているのですが・・・。

潰れても、なんとかしようと思っていますが、
固定客がついている映画館だったので、シニア層の方々が、
一番ショックを受けていると思います。


『声をかくす人』
たしかに、ある程度、知っておいたほうが、より楽しめるかもしれません。

コチラも、ブログには書きませんでしたが、予告編で結果を知っているからこそ、
スクリーンを直視するのが、たまらない場面もあります。

HPを見ましたが、お近くで現在上映中のようですので、
時間が合うようであれば、是非、ご覧くださいv-238
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2012.11/20 13:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。