せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハーバー・クライシス<湾岸危機> Black & White Episode 1』(12・台湾)~字幕版~




↑   ↑
本編とは、一部日本語訳が異なっている予告編と、
本編鑑賞後に見て、おもわず大爆笑してしまったインタビュー







■9月8日(土)15:50~  丸の内TOEI①
*改装工事が終了した②の劇場を期待していたのですが・・・

■恐縮ですが評価:★★★★☆(4点)
*アラを探しまくってしまうと、1点でも評価高すぎだろうな

■タイトル「交渉人 THE MOVIE』(←あっ!これも東映だ!)似てるけど、スケールは本作が上」







【まえがき~先売り購入不可~
東映の株主優待券は、鑑賞当日にしか購入できません
(株主ではありません。金券SHOPで6枚綴を3千円で購入)。

ですので、新宿バルト9のように、すぐ満席になってしまう映画館には不向き。

ただ、本作のような作品は、大変申し訳ないのですが、
満席になる可能性は、今年の阪神がCSに出場するなみに低く、おあつらえ向き


案の定、予告編上映開始後に購入も、
ど真ん中に近い、絶好ポジションをゲット

しかし、前に座る男性が、
“座高高し&背筋伸ばす姿勢よし”で、スクリーン見づらい

幸いなことに、私のうしろには、誰も座っていませんでしたので、
私も、負けじと、背筋をピーンと伸ばして、上映開始を待ちました




【あらすじ】
~台湾放送局開局以来、最高視聴率を記録したドラマを映画化~

外国から、台湾に、大量破壊兵器が持ち込まれたとの情報が流れる。
偶然、関わることになってしまった、チンピラ:シュー・ダーフー、
新人刑事:ウー・インションの、異色ペアが、大勢の命を救うため・・・




【鑑賞終了10分後に“宝塚女優の石造の横に座り”綴る感想】
ちなみに、石造は「仮面ライダー」「ジャイアント馬場」から、
「白鵬」「鈴木福くん」「芦田愛菜ちゃん」等々、この通りに並んでいました



と、映画の感想に、話を戻して、、、

台湾人気テレビドラマを映画化も、
ハッキリ言って“突っ込みどころは満載”


最近何度繰り返したかわかりませんが、
“こういうものだ”と割り切らなければ、
とても、とても、見られたもんじゃありません(


今作のために、監督は飛行機を購入し、
撮影監督も、世界的に有名なリー・ピンビン。

台湾映画、近年大きく様変わりしてきたとはいえ、
ここまでド迫力のアクション映画は初めてではないかと。

“ハリウッド”が宣伝文句に使われていますが、
あながちオーバーとも言い切れません


なんて、感想を綴りながらも、
やっぱりストーリーを思い出すと、
「ありえない」の連続で、本当は、
“アクション・コメディ”だったのではないかと


エピソード1、とタイトルにありましたし、
終わり方からしても、続編はありそうです。

ただ、最大の問題は、今作がある程度ヒットしなければ、
パート2が作られたとしても、日本では上映されないこと。

狙った恋の落とし方。のように




【あとがき~パンフレット~
斜め読みしましたが、中身が薄いのなんのって。
きっと、お金のすべてを映画製作費に注ぎ込んだんでしょうね



おばさん、おじさん(悔しいけど、私も含める)が、
客層の中心だったのですが、一体、何がお目当てだったのか?

ワタシは、マーク・チャオと、
台湾映画を映画祭以外で見られるケースは、
非常に限られますので、一般公開の“レアさ”目当てでしたが



「これが、日本映画だったら、もっとヒットするのに・・・・・・」

東映さん、自信をもって、大々的に宣伝しまくってください
北のカナリアたちに、営業を集中させたい気持ちは、痛いほどわかりますけどネ







『ハーバー・クライシス』公式サイト

マーク・チャオ 台湾の若手No.1をも驚かせたアクション大作の全貌←映画.comさんより






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

現代台湾映画の娯楽作品は『モンガに散る』から始まった、
なんて言われて「え、そんな最近!?」って笑った記憶がありますが

台湾ヌーヴェルバーグの時代よりは
今の方が地元のお客さんはちゃんと映画館に呼び込めているのでしょうね
その結果つっこみどころ満載の映画が、、、という状況はなんだか日本映画界みたいw
  • posted by ヒノキオ 
  • URL 
  • 2012.09/11 11:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

☆ヒノキオさんへ☆

『モンガに散る』じゃなくて、
『海角7号』でしょう(笑)

いやぁ、本当、日本映画界みたいですよ。
しかも、本作、テレビドラマの映画化ですし^^;

『海猿』がツボだった人は、
案外、本作もツボかもしれません。

来春公開が決まった『セデック・バレ』みたいに、
日本の俳優が、大挙出演していたら、また興行成績も違ってきたと思うんだけどなぁ^^
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2012.09/11 12:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。