せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週、読んだ本&雑誌 2012年9月1日

【まえがき】
1週間で打ち切りにならず、
2週目を迎えることができました


連日、暑い日が続きますが、

“行きの電車車内は読書部屋”

モットーに、汗を拭き拭き、
今週は、本のみ3冊(4冊)読めました






プラチナタウン 楡周平著


〈新しいことを始める先駆者には、大変なエネルギーが必要です。
 成功を信じて前進し続けなければ事は成し遂げられません。
 それが、実現するまで何年かかるか分からない。でもね、
 その一歩を踏み出さないことには何も始まらないんですよ〉




朝の通勤で利用する東京メトロ東西線。

最新車両にはドアの上にモニターがついており、
無音&字幕付きのCMが放送されます。

朝から流れる、
桐谷美玲の「今日も美しく行きましょう」はたまりません

おっと、話がそれた


本作は、そのCM内にて「WOWWOWドラマ放送中」と宣伝。
あまりのCM量に、ついには洗脳?されてしまい購入してしまいました


結果としては、洗脳に大感謝


ストーリーが良いのはもちろんのこと、
キャラクターも人間味溢れていて、とても良い。

山崎が町長になってからは、展開が気になってしまい、
通勤電車車内だけでは時間が足りず、自宅に帰ってからも文庫本を片手に晩酌

家の中なら周りを気にする必要もありませんから、
終盤なんかは幾度となく、バンバン膝を叩いて大爆笑

「もう寝なきゃ」

枕元に本を持って行ったはイイが、寝るどころか面白すぎて眠れない


読み終わってからも、最終章だけは、何度読んでも、
ワクワク感と笑いの込み上げがたまらなく、今週1週間、常に枕元には本書が置いてありました。


目の下にクマをこしらえ眠そうに、、、
心配する職場の人には「夏バテで疲れが・・・」と、言葉を返しましたが、
まさか「本が面白すぎて眠れなかった」とは、キャラ的にも口に出しづらい


個人的に、一番好きなシーンは、最終章ではないのですが、
四井商事の若手女性渡部が、村の狸ジジイ:カマタケの足の裏に、
酒に酔った勢いも借りて、焼肉で根性焼きを入れ啖呵を切るところ。

ドラマで、誰が渡部を演じたのか知りませんが、
私の頭の中では、満島ひかりが力強く啖呵を切っておりました




『あたらしい あたりまえ』 松浦弥太郎著


「ものごとには、功徳と福徳があります。
 功徳というのは、まったく見返りを求めない無償の行い。福徳とはその逆。
 (中略)
 あたりまえに仕事をし、あたりまえに暮らしていたら福徳は増えていくでしょう。
 だからときには意識して、功徳をしなければなりません」


「お金を大切にあつかうこと」
 お金を「使う」ではなく、「あつかう」
 お金と友だちになりましょう。そうすれば、お金に困ることはなくなります。


 人との面倒なかかわりの中にこそ、輝く宝がひそんでいます。


 今日は何時間働いたかではなく、今日は何を果たしたのか。
 それをはかることができる定規を持った自分にならなければいけません。


 不器用でもいいのです。一途さがその人の個性になります。

 
 できるだけ、おだやかでいること。
 いつでも自分のペースで、平常心をもって、ていねいに暮らしていくこと。




上は自分が元気づけられた著者などの文章。
自分を見失いそうになったとき、これからも手に取りたいと思います




のぼうの城(上・下)』 和田竜著


〈――有能なるものには無能を示せ〉 孫子


 長親が初めて笑顔を見せたのはこのときだ。
 (中略)
 それは、理も非も丸呑みにするかのようなケタ外れの笑顔である。
 こんな笑顔を見せられては、家臣どもはたまらないだろうな。

  ↑   ↑
 こんな笑顔を見てみたい。
 そして、自分もこんな笑顔を出せるような人間になりたいな




昨年、一度読んでいたのですが、
1年越しの映画一般公開を控え再読


本当に面白い本は、今週1冊目「眠れない」だけでなく、
感動シーンごとに、全身に寒気が走り、瞬間汗が引きます(ワタシだけかな)。

文庫本上巻の終盤から、下巻が終わるまで、何度寒気に襲われたことか。
ふと我に返り、半袖の両腕を見ると鳥肌が立ち、細い毛が逆立つほどでした


2012年11月2日より、映画の上映が始まりますが、
脚本も、原作者の和田竜が担当していますから、これは絶対にオモシロいでしょう


■映画の注目点
・2度の水攻めを、どれだけの迫力をもって映像化するか

・農民母娘をmotherそのまま、尾野真千子と芦田愛菜
 ↓   ↓
 本作の上映は「水攻めが津波を想起させる」との理由で1年間上映延期に
 なっていましたので、つまり、撮影をしたのは、どんなに遅くても2年前。

 尾野真千子、抜群の演技力はNHKの朝ドラで証明済みですからOKとして、
 芦田愛菜が、変な色もつききってなければ、アンチも少なく、無邪気に演じていたと思うんです。
 
 だからこそ、本来脇役なのに、この2人がスクリーンに映った瞬間、
 誰が主役だかわからない程の、目も眩む存在感と煌きを放ちまくってしまうのではないかと


■映画の心配点
・甲斐姫役が榮倉奈々
 ↓   ↓
 予告編を見るかぎり、セリフ棒読みでヒドイ
 私としては、あんみつ姫『花より男子』キャラ繋がりで井上真央か、
 ラブファイトハルフウェイ抜群の運動神経を魅せた北乃きいに演ってもらいたかったです




【あとがき~2回目~】
前回、「簡潔にしたい」と綴っておきながら、
2回目にして、早くも2000字をオーバー


だから、あとがきこそ簡潔に。
来週も、よろしくお願いいたします








   





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。