せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012『我が子、ジャン』(11・トルコ)~アジアン・プレミア~


↑   ↑
本編を、リアルに思い出させつつ、
ネタバレはしていない、絶妙な予告編






■7月20日(金)17:00~  映像ホール
*本日の鑑賞は、この1作のみ。これだけのために、午後半休を

■恐縮ですが評価:★★★★★(5点満点
*本映画祭8本目、9本目、立て続けに来ましたね

■タイトル「我が命(ジャン)」





【まえがき~我が子じゃん!~
鑑賞直後に気づいたのですが、
ジャンを平仮名にすると、コメディっぽくなる。

しまった!質疑応答で聞けばよかった!!

通訳担当者が、うろたえそうだけど
今日の担当者、あんまり日本語上手くなかったし

ってか、さっきまで質疑応答に答えていた、
ラシト・チェリケゼル監督と、その通訳担当者、
一般のお客さんと一緒に、無料バス乗ってるし(ホテルへの送迎ないの

通訳担当者さんと、スタッフさんらしき女性に、
「川口じゃなくてもイイから、ビールの美味しい店に行きたい」
って、リクエストして、リラックスしまくりだし


と、またもや、まえがきなのに、
上映後の一コマから綴ってしまった本作

平日で、小雨の悪天候にも関わらず、
6割位の座席が埋まる中、いつもの席で、
靴を脱いで、靴下も脱いで、上映開始を待ちました(リラックスしすぎ




【あらすじ】
イスタンブールの若い夫婦、ジェマルとアイシェには、
ジェマルの無精子症が原因で、子を授かることができなかった。
「子供はいなくてもいい」というアイシェは言うが、ジェマルは、
違法行為をしてまで、子供を手に入れようとし・・・・・・




【質疑応答終了30分後に綴る“京浜東北線ギリギリ間に合ったジャン“の感想】
ラシト・チェリケゼル監督自身の口から「自主映画」のフレーズと共に、
映画製作スタッフ全員への感謝の言葉もありましたので、ほぼ間違いなくローバジェット作品。

しかし、お客さんを引きこむストーリー構成、カメラアングルの変化、
他の映画作品との差別化を狙った演出、オープニングとラストの対比など、
微塵にも、そんなことを感じさせない密度濃い、完成度の高い作品になっていました。

今回の映画祭の特徴として、
「なかなか質疑応答で手が挙がらない」があるのですが、
本作、最初こそ特徴通りだったものの、途中からエンジンがかかり始め、
次々に質問が出る出る。お義理でなく、司会者が大真面目にタイムオーバーで打ち切り。

私も、ラストカットのピントの当て方について、
質問したかったのですが、することができませんでした。
でも、質疑応答が盛り上がり、監督から映画祭だけでなく、
日本への好印象と感謝の弁を聞けた、それだけで十分満足です

◇   ◇

本作で印象に残ったこと


①因果応報

②真に守る者を知る子の動物的本能

③親は隠しているつもりでも、子は気づいているもの
(『サニー~永遠の仲間たち』にも相似のシーン有)

④意図して時系列で進めず、現在と過去を行き来して描いたこと

⑤場面に応じた、アイシェの服の色と柄

⑥無精子症、「ダメ男」と烙印を押されたかのような絶望感

⑦希望を持たせながらも、さり気なく「もしかして!」があること

⑧オープニングとエンディング、アイシェの背中から伝わってくるものの違い


これ印象に残ったこと=監督に聞いてみたかったことでして、
全部聞いてしまったら、質疑応答を独占してしまう大顰蹙行為に


昨日の『リストレーション~修復~』と同じく、
“観客参加型”と云いますか、作品世界に入らざるを得ない重層な構造。

そして、大事なのが“難しすぎず優しすぎない”絶妙のレンジであること


無音のエンドロール。
客電点灯と共に、大拍手を贈り続けたのは、当然でございました




【あとがき~監督からの贈り物~
本作、質疑応答だけでお腹一杯でしたが、
本日来場のお客さま全員に、ポストカードをプレゼントしてくれました

そして、いつものように、
公式パンフレットにサインを貰い、無料バス乗り場へ


バス乗り場隣接の公園では、盆踊りが開催されていました
(関東地方は、7月にお盆がある風習があるようなのです

きっと、本作のような、母子もいたことでしょう。
公園で遊ぶジャンを見守る、アイシェの柔らかな眼差しが、頭をかすめました


[すべての子どもたちへ]

ラシト・チェリケゼル監督が、
エンドロール前に載せたテロップに、
込めた想いが、どうか全世界へ届きますように





ラシト・チェリゲセル監督、上映後Q&Aレポート←映画祭HPより




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。