せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012『沈黙の歌』(12・中国)~ジャパン・プレミア~

fb_05[1]


↑   ↑
予告編動画発見






■7月16日(月・海の日)10:30~  映像ホール
*本日も、いつもの座席に、レッツゴー

■恐縮ですが評価:★★★★★(4.5点)
*ちょっと、静かすぎるかな、、、と感じてしまったので

■タイトル「家族を通じて描く“中国の失われた20年”」





【まえがき~コンセント席~
昨晩、発見した京浜東北線の上記座席。
今朝もありがたいことに空いており、座らせてもらいました


本日は、昨日以上の好天

短パンに、白いTシャツ


完全なる夏模様の恰好で、
映画祭会場に向かいつつも、
ブランケットとネックウォーマーを着用する、
カラダの冷えを防止しながら、上映開始を待ちました




【あらすじ】
幼い頃に両親が離婚した聾唖のジン。
長江が流れる漁村で祖父や叔父と暮らしていた。
しかし、ジンは叔父のヌードモデルをしたのを、
キッカケに不登校になってしまい、父親で警察官のハオヤンの元に移る。
息子が欲しかった彼にとって、障害を持つ娘の存在は納得できないものだったが、
そんな心の傷を癒してくれる存在がいた。それが、バーの歌手、メイだった。
ハオヤンの子どもを宿したメイ、やがて、奇妙な3人の生活が始まり・・・・・・




【質疑応答終了“10分後、映画祭会場で綴る”感想】
~シアター・イメージフォーラムが好きそうだなぁ


・極限にまで絞られたセリフ

・要所でしか流れない静かな音楽

・表情、所作で、すべてを表現する

・そして、あくまで自然を重視しようとしたのか、
 役者の動きが広がるシーンでは、引きのショットで、
 室内など限定されているときは、手持ちカメラで追い、
 “カメラ優先”でなく、“役者の動き優先”をしていく


プロの役者は父親だけ、
娘も、恋人も、全員演技未経験。

だからこその撮影方法か、
これも演出のひとつだろうな、
と、大きく肯いてしまいました

◇   ◇

~中国の失われた20年

・繋がり⇔隔離
・古いもの⇔新しいもの
・小さいもの⇔大きいもの

・男子偏重⇒女子望まず
・経済発展重視⇒置き去りにされてしまったもの



ぎすぎすした日常
唯一、心休まるのは、長江に浮かぶ船の上だけ

陸に、楽しいことは、何もない

でも、耳が聞こえなくても、
お互いに嫌っていても、父と娘

強情な娘にはめていた、無機質な手錠
居を共にし、口もきかず、喧嘩をしながら、距離を縮める
やがて、無機質な手錠は、傷ついた父親を、心配する娘を結びつける糸になる



どこにでもいそうな普通の家族

きっと、父はジンを特別学校に入れなかっただろう
きっと、メイは母の元へと帰っていったに違いない


そして、もし願いが叶うのなら、
スクリーンに流れるエンドロールの彼方で、、、

ジンが、メイを迎えに行き、父と3人で暮らしてほしい

さらに、メイに授かった命を、父とジンと、大きな愛で包んであげる

たまには、メイの母、父とは離婚したジンの母にも、あやしてもらいながら

ジンの耳に聞こえなくても感じるはずだから、メイの子守唄であれば・・・・・・




【あとがき~またもや~
本編を見ていないと、わかりにくい感想に

どうしても、思い入れや、感動が、強くなれば、
強くなるほど、この癖を、抑えきれなくなるようでして


上映後の質疑応答は、
昨日、2本とも挙手をしたので、
誰かが、私の聞きたいことを質問してくれると信じ我慢しました。

結果は大正解で、
聞きたかった謎は、すべて解けました


その中でも、一番、衝撃を受けたのは、
作品タイトル〈沈黙〉に込められたメッセージ。

「現在の中国は、“言えない、聞こえない”。聾唖のジンと同じ」

検閲下におかれ、表現の自由なんか、
絵空事に過ぎない、現在中国の厳しい現実。

一瞬、息が詰まってしまいました

◇   ◇

と、云いながら、解けなかった謎が

「本日の完全版から中国上映検閲版で、9分カットされたシーンは?」

監督にサインを貰うときに質問。
「飲酒運転、タバコ、他にも色々カットされた」と笑っていました

◇   ◇

昨日、鑑賞した中国作品は、
メジャー色が煌びやかな、『さらば復讐の狼たちよ』

本日、鑑賞した中国作品は、
“ローバジェット&アート色が強い”本作。

中国映画界の奥の深さを、
存分に魅せつけてくれました

これぞ、まさに、映画祭の醍醐味

芸術性が満開に咲き誇る、大満足の作品でございました





※『沈黙の歌』7月20日11時からも上映されます^0^※




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。