せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(11・アメリカ)






↑   ↑
予告編、アン・ハサウェイのコメント、
ロネ・シェルフィグ監督へのインタビュー、動画3連発






■7月8日(日)13:50~  TOHOシネマズ有楽座
*この映画館を訪れるのは2回目

■恐縮ですが評価:★★★★☆(4点)
*アイデア力+役者&スタッフの表現力

■タイトル「23年間を一人の役者で演じ切る凄み」






【まえがき~ありえないこと~
本作の1本前に鑑賞した、
映画の終了時間が、13時55分。
本作の上映開始時間が、13時50分。

はい、5分重なっています


・映画館を移動する時間
・本編前に予告編が流れる時間
・予告編中に入場しても誰の邪魔にもならない席

以上3点の条件を整えた上で、
今回の鑑賞スケジュールを決定


本編開始時間が14時03分だったのですが、
当館座席着席後も、数本の予告編が流れるほど、
予想以上にゆとりを持って、息を整えることができました。

そんなミラクルなスケジュールの成功に、テンションを高めつつ、
“本作が不成功でありませんように”と、祈りつつ上映開始を待ちました




【あらすじ】
~イギリス、イタリアほか世界各国で、
 ベストセラーランキング1位を獲得した、同名の原作を映画化~

真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と、
自由奔放で恋多き男デクスター(ジム・スタージェス)。
23年前の7月15日、大学の卒業式の日に初めて会話を交わした二人。
互いに惹かれるものを感じながらも、恋人でなく友だちの関係を選ぶ。
二人は親友として、毎年“7月15日”を過ごしてゆく・・・・・・




【10行以内で綴る”王道”な感想】
アン・ハサウェイ目当てで見に行きました


ストーリーは、日本のドラマや、本で、
幾度となく見たことのある言わば“王道”


だから、鑑賞途中から、
アン・ハサウェイのファッションや、
メイクの変化に、注目が移っていくのは、自然な流れ


“王道”=起承転結のバランスも良く、
原作未読のため、断言はしかねますが、
映画の幕の下ろし方も、涙の中に、笑いが浮かぶ、
とても後味のイイ、遊び心も感じさせる、オシャレな作品でした




【あとがき】
エンドロール中に座席を立つ人の姿が目立ちました

ストーリーの先が読めてしまい、
ほぼその通りになってしまう展開に、
私もその一人ではありましたが、私の見た回では多かったのかもしれません



アン・ハサウェイファンとしましては、
ダサい恰好から、ファッショナブルな煌く姿まで、
存分に堪能させてもらえましたので、大満足です

安心して映画の世界に没頭できる“お手本”、
まさに、これぞ”王道”の作品でございました





『ワン・デイ 23年のラブストーリー』公式サイト




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。