せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オレンジと太陽』(10・イギリス) in 名演小劇場


↑   ↑
予告編だけで泣けてくる





■5月5日(土・祝)16:55~  名演小劇場1番スクリーン
*1階から4階へ階段を上がって移動

■恐縮ですが評価:★★★★★(4.5点)
*パンフレット購入まで行かなかった分だけ0.5点マイナス

■タイトル「“オレンジと太陽”だけが、すべてを見ていた・・・」





【まえがき~小劇団の舞台~
“名演小劇場”

ここは、そもそも映画館だったわけでなく、
元々は、小劇団をメインにした演劇場でした

“若気の至り”と云いましょうか、
一度だけ、ここの舞台に立ったことがあります

さらに、現在映写機を操作する小部屋で、
舞台の音響を担当したことも。いやぁ、お恥ずかしいかぎりです


そんな懐かしい思い出も刻まれている4階。
1本前の作品よりさらに減った15名弱のお客さまの中、

〈俺たちの舞台のほうがお客さん入っていたよなぁ・・全員知り合いだけど

独り顔を赤らめながら上映開始を待ちました




【あらすじ】
~現在も続く実話を基にした作品~

母と引き離され海を渡った13万人もの子供たち。
今、ここに英国最大のスキャンダルといわれる、
“児童移民”の真実が明らかにするために、一人の女性が立ち上がる・・・




【10行を目安に綴る“初めて知った”の感想】
今作を見るまで“児童移民”の史実は全く知りませんでした。
しかもエンドロール前のテロップによると〈現在も活動中〉とか。
なんだか銃は持っていませんが『マシンガン・プリーチャー』の女性版って感じです。


史実にも驚かされましたが、さらに驚きを助長したのは、
この移民に「国」と「教会」が深く関わっていたこと

このときの移民が数多くいる、今作でも舞台になっている、
オーストラリアでは、今作“ハリウッド作品”並みの大ヒットを記録。
これこそ、今作で描かれていることが〈真実〉である証といえるでしょう


ストーリー的には史実が強烈過ぎて・・・。

《痛みを感じなくなるほどの痛み》

そんな想像もしたくない極地に送り込まれた児童を思うと胸が詰まって


《神》

しかも、その極地の支配者が神に仕えるべき牧師たち。

児童たちは、一体何を信じればいいのか?

子供から大人に成長した時「ここまで育てた養育費を払え」とまで迫る。

神は?牧師は悪魔の化身なのか?


オーストラリアの地に降り注ぐ、
まばゆいはずの太陽の光が痛くて仕方がありませんでした




【あとがき~その他~
今作の舞台は「オーストラリア」と「イギリス」。

映画のタイトルにある通り、
「オーストラリア」では太陽の光を強く、
オレンジ色っぽい映像になっています。

一方の「イギリス」では照明を抑え、
カラー作品ではありますが、モノトーン調になっています

◇   ◇

他には、今作、
離れ離れになった親子が描かれますが、、、

今作のジム・ローチ監督は、
ケン・ローチ監督のご子息。

父親は『ルート・アイリッシュ』でイラクの今を描き、
息子は今作で、昔のイギリスの過ち、ともに陰に隠れている“真実”に光をあてる。

映画の中だけでなく、映画の外でも、
親子の繋がりを感じさせる作品でした

◇   ◇

本日、名演小劇場で鑑賞した作品は、
2本とも東京では、岩波ホール上映映画

渋谷・新宿・銀座と云った、
街がシネコンのようになっている映画館集積地から離れる、
神保町にありますので、足が遠のきがちですが、今日の2本を見るかぎり、
「TOHOシネマズシャンテ」や「ル・シネマ」のように外せなさそうです

◇   ◇

これで今日の映画鑑賞は1日3本でフィニッシュ。

「すっごい映画だったぁ」

身を震わせ市バスに乗って自宅へ向かったわけですが、

「帰省してるのに、いつもの休みと変わらんやん」

突っ込む自分がいたわけでして

まぁ、実家から帰るとき、両親も妹も満足げな表情を浮かべていたから、
よし!としましょう。

家族の絆は感じられましたからネ




『オレンジと太陽』公式サイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

こんばんは 

この映画良さそうですね。
今、調べてみたら、仙台は25日まで公開してます。
何とか時間を作って観ようと思います。
ありがとう^^
  • posted by しげちゃん 
  • URL 
  • 2012.05/16 20:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんばんは 

こんばんは☆彡

はい!かなり良かったです!!

岩波ホール仕様のパンフレットには、
脚本も掲載されていて、前日に友人との呑み会で、
散財していなければ、間違いなく購入していました^^;

本当、世界には、
私たちが知らない史実があるんだと、しみじみ感じてしまいました。
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2012.05/16 21:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。