せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SHAME-シェイム-』(11・イギリス) in シネクイント




↑  ↑
私は、上段の日本版よりも、
下段のイギリス版の予告編のほうが好き





■3月31日(土)13:50~  シネクイント
*ブランケットを借りたら、臭いがきつくてびっくり

■恐縮ですが評価:★★★★☆(4点
*キャリー・マリガンの裸への評価ではございません

■タイトル「生きていくこと=恥ずかしいことの連続」




【イントロダクション~キャリー・マリガンweek1本目~】
翌日『ドライヴ』の鑑賞は決定済み。

そのため、『スーパー・チューズデー』を鑑賞して、
ライアン・ゴズリングweekにするか、本作を観て、
キャリー・マリガンweekにするか、ギリギリまで迷いました。
が、、、やはりワタシは男。

『わたしを離さないで』で大ファンになった
キャリー・マリガンの魅力に抗えず、本作選択を決定しました


とは云うものの、実はネッ友さんの情報がなければ、
本作にキャリー・マリガンが出演していることすら気づかず(←ファン失格
しかも、清純派のイメージが強い、キャリー・マリガンのヌードシーンがあるらしい

ややもすると不純な動機となり兼ねない、
いや、男らしいと言えば、男らしい理由で最終決断を下しました


場内は、男だらけかと思いきや、
いつもの当館と同じでカップルの姿が目立つ

外は嵐、中は静寂。
本編が始まった瞬間、
“嵐の前の静けさ”だったんだと、思い知らされるのでした。。。




【あらすじ】
NYに住みスマートで仕事もできる独身男ブランドン(マイケル・ファスベンダー)。
しかし、彼は仕事以外の時間は全てセックスに注ぎ込む“依存症”状態だった。

そんな、ブランドンの確立されたシングルライフを過ごすアパートに、
妹のシシー(キャリー・マリガン)が転がり込んでくる・・・・・・。




【10行を目安に綴る“変態とは”の感想】
本作鑑賞途中でシネマライズ・シネクイント両上映作の、
共通キーワードが「変態」だと気づいた私。絶対、映画館も意識しているはず


あまりに過激な描写に「R18」でも、日本公開を危ぶまれたそうです。

確かに、シネクイントで上映されていたからよかったようなものの、
ラブホテル街にある、円山町のユーロスペースで上映されていたとしたら、
「ラブホテルのキャンペーン映画か?!」と、疑われかねません

だから「園子音監督が撮ったらどんな作品になっただろう」と興味が湧くのは必然。
たとえ、キャリー・マリガンやコールガールを相手にしても神楽坂恵の爆乳なら太刀打ち可能

◇   ◇

タイガー・ウッズも嵌った“セックス依存症”。
本作の姉妹もライフスタイル&価値観の相違から、
喧嘩ばかりしていますが、根っこの部分はおなじ。

ただ、SEXという行為に“愛”を求めるか、求めないか、それだけ。

そんな2人を理解できるような気がするのは、私の生活範囲にも似た人が複数いたから。


愛はなくてもいい。
SEXをして体が結びついているときに、
生きていると感じ、そして温もりに安心するのだと言う。
SEXをしているときだけが“生きている”と実感できるのだと言う。


どこかで自分のことを“変態”かもしれないと、
自分を卑下しているブランドンとシシーの兄妹。

でも“変態かも”と意識しているだけ“変態”じゃないと思う。
だって“本当の変態”なら、自分のことを“変態”かもと疑わず、
自分こそが健全だと、自分の周囲の人を軽蔑するはずですから。


そして、人間誰しもにあるのではないでしょうか。
“もしかして自分は変態かも”と自分に疑いの眼差しを向けているもう一人の自分が




【あとがき】
鑑賞後に知ったのですが、
本作の脚本を共同で担当した一人がアビ・モーガン。
なんと『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の脚本も担当されていた方でした


鑑賞後に気になったのが、
カップルで来ていた人はなんで本作をチョイスしたのか?
いや、絶対これデート・ムービーじゃないですよ。断言します

◆   ◆

ブランドンが他人のように見えなかった私。
“変態”覚悟で綴りますが、共通している部分が幾つかあります。

本作、ブランドンは“SEX依存症”ではなく、
中盤以降徐々に明らかにされてくることのほうこそ恥じています(ネタバレ防止)。

ただ、本当にそれが恥ずかしいことなのか、そちらに関しては疑問なまま

◆   ◆

SEX、生殖行為で、人間だけでなく動物も本能で子孫を残そうとします。

ところが“SEX依存症”の一方、“セックスレス”も問題になる人間の複雑さと極端さ。

どちらが“恥ずかしいこと”なのか。どちらが“本物の変態”なのか。

最終的に決めるのは、社会規範ではなく、本人の価値観なのでしょう。


以上、10回“変態”のフレーズを使い、本作の感想を綴ってみました





『SHAME-シェイム-』公式HP



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

おはようございます。
本作、仙台で公開されるか分かりませんが、
演技が好きなキャリー・マリガン出演してるので観たいのです。
でも、度胸が必要なようですね。

>そして温もりに安心するのだと言う。
このこと=愛につながっていくのでしょうか。
  • posted by ぷっちん 
  • URL 
  • 2012.04/03 06:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

こんばんは☆彡
こちらは物凄い暴風雨です。

過激な性描写が連続しますので、
それなりの覚悟は必要だと思いますが、
グロさが少ない分、案外楽に行けるかもしれません^^

>このこと=愛につながっていくのでしょうか。
当事者に聞いたのですが”好き”だけれど”愛”にはならない、と。

束縛、思い関係を好まない

案外、似た人はいるそうです。

理解はできても、私には縁のない世界だと思っています。。。
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2012.04/03 17:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。