せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回大阪アジアン映画祭『神さまがくれた娘』(11・インド)★コンペティション★ジャパンプレミア★

            ★グランプリABC賞W受賞おめでとう


↑   ↑
予告編を、本作のテーマソングにのせて
本編鑑賞後に改めて見ると泣けてきますねぇ





■3月15日(木)15:40~  ABCホール
*ぶらぶらしているときに芸能人らしき人と遭遇するも誰かわからず

■恐縮ですが評価:★★★★★(4.5点
*流した涙の量だけなら5点満点

■タイトル「好きな日本のドラマのタイトルが次々に浮かぶ予想外の展開





本作の開始直前まで、会場ロビーにてお仕事。
(休みでも頼られるのは“うれしいこと”と解釈


そちらを無事にすませて、劇場内のいつもの席へ

この座席、昨年迄は不人気でガラガラだったのですが、
常連のお客さまたちはスクリーンに対する目線の高さと、
足を広々と伸ばせる利点に気づき始めたようで今年は小激戦


開場に入るとすぐに階段を駆け上がり、
最短経路を通って目的の座席へダッシュ

このあたりは予備校時代の席取りや、
朝の通勤時に最短経路を早足で歩いていますから慣れたもの。

さすがに予備校時代のように、
扉が開いた瞬間に上着をお目当ての座席へ向けて、
投げるようなマネはしませんけどネ(当時は驚かれてました


昨年もそうでしたが、大阪アジアン映画祭で上映される
インド作品は、インド本流からは少し外れたアタリが多い

今年も、それに期待を膨らませながら、
まだ空席目立つ会場の中、上映開始を待ったのでした



【あらすじ】
クリシュナ(ヴィクラム)はチョコレート工場で働いている。
妻が亡くなったあとも、男で一人愛娘のニラを育てていた。しかし、
街の有力者である義父が「知的障害者の近くには置いておけない」と、
クリシュナの手から、ニラを奪い去ってしまい・・・・・・



【心に残ったセリフ】
・善人は苦難を超えて最後に勝利する
 →瞬間頭に浮かんだのが草くんの『僕の歩く道』(関テレ)
  草くんが、知的障害を持つ役を演じていました。

  どんな困難にぶつかっても、
  ズルをせず真摯に向き合っていけば、
  最後には何らかの形で勝利を収める。
  
  それは、たいてい、自分一人だけの力でなく、
  自分が気づいていないような周りの人の支えがあるときが多いですね。
  
  この手のセリフはベタなんですけど、勇気づけられるし、心にも刺さります



【10行で綴る“ボロ泣きしちゃった奴”の感想】
上映前の主演のヴィクラムさんと監督の挨拶のとき、
本作のキーワードは「あたたかさ」と仰っていたので、
覚悟は決めていたのですが、終盤になってあそこまで泣き続けるとは


知的障害者を演じたヴィクラムさん、撮影が終わっても10日間ほど、
役から抜けられなかったと上映後に、語ってくれるほど熱い演技

ニラを演じた子役の女の子も、タミル語を話せないのに、
タミル語のセリフを駆使。それだけでなく、父親を心配そうに見守る目線や、
細かい仕草が上手いだけじゃなく、とても、キュートでかわいい。これで、
演技経験は、これまでない、というのだから恐れ入る

そのすべてが結実する衝撃のラスト。泣きながら頭に浮かんだのは『やまとなでしこ』(CX



【まとめ~あとがき】
「知的障害を持つ親から子供を奪ったニュースを見たのが本作製作のキッカケ」

こちらも驚くかな、実話ベースのお話でした

日本にも、ここまで衝撃的ではありませんが、
知的障害者同士が結婚し子育てするのを地域ぐるみで、
サポートしている姿等に密着したドキュメンタリー映画、
『幸せの太鼓を響かせて(11)』という作品があります



クリシュナとニラの親と娘の絆が本作のすべて

知的障害者だからこそ、なかなか理解できなくて、
娘を小学校まで追いかけて行ったりしてしまうのですが、
それも深い愛情の裏返し。当然ニラもそれに気がついている。

ときには、ニラがクリシュナを母親のように見守るときもある。


この2人の関係、そしてそれを温かいまなざしで見つめる家族と地域。

困難が待ち受けていたのですが、クリシュナの純真無垢な姿が、
頑なだった人の心までをも動かしてしまう。

「裁判で負けてうれしいのは初めてだ」

クリシュナの前に敵も味方もない。
いるのは“裸にされてしまった人”だけ


そんなクリシュナが選んだ最後の選択。

ネタバレになるので深くは触れませんが、
知的障害者を超えた父親の娘を想う愛に、
嗚咽に近い状態に陥ってしまいました



『神さまがくれた娘』
なにも映画の中だけではない。

“授かりもの”
すべての子どもが、天から与えられたものなのですから







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

r 

今日たまたま夜中にやってた地上波でみました。途中からだったし、意味が分からなかったけど、ヴィクラムさんの演技と唄っている姿にいつのまにかくぎづけでした。普段は洋画しか観ない私がたまたま夜更かししてチャンネルを変えていたときにこの素晴らしい作品に出会って、何だか運命に思うし、妙にひきつられた気がします。
本当に心温まる作品でもあり、涙涙の作品で、周りにおすすめしたいくらいです。
本当の本当に素晴らしい作品に出会えてよかったです。
長々と私の感想だけ述べてしまってすいませんでした。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.05/19 04:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: r 

こんばんは☆彡
コメントありがとうございます。

地上波で放送されたのは大阪ABCだけ。
しかも、ここから全国上映に展開された作品無(泣)

インドつながりでいうと、
現在公開されている「ロボット」よりも、
今作のほうが、わたしは公開されるべきだと思っています。

ぜひとも、周りの方にも、おススメください!!!
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2012.05/19 22:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。