せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハンター』(11・オーストラリア) in 渋谷東急


↑   ↑
タスマニアの雄大な自然を垣間見せる、予告編





■2月11日(土)16:10~  渋谷東急
*こんなにタバコ臭かったっけ??

■恐縮ですが評価:★★★★★(4.5点
*ほぼ5点満点。ドワーッと来る衝撃がなかっただけ

■タイトル「“1対1”孤高なモノ同士の勝負。結末は・・・」





池袋東急は閉館。
上野東急は4月末日に、閉館決定

“109シネマ”は頑張っていますが、
“東急”ブランドは、本作に登場する、
“タスマニア・タイガー”のように絶滅寸前のようでございます


以前に、某映画サイトにお世話になっていたときから、
「接客態度が酷すぎる」と綴り続けておりますが、今回に関しても同じ

先売り券を買いに来たとき、チケット販売スタッフの女性。
それはわかりやすすぎだろ!と突っ込むどころか、呆れ果てて言葉も、
出ないくらい堂々と携帯メールを打っていましたからね。いやぁアッパレです


渋谷、土曜日の夕方、好条件が整っていたにも関わらず、
お客さまの数は10名ちょっとでした。渋谷東急も建屋の、
オーナーとの契約が満了を迎えたら閉館かもしれませんね。。。



【あらすじ】
バイオテクノロジー企業から、絶滅したとされる“タスマニア・タイガー”の
生体サンプルの採取を依頼された傭兵マーティン(ウィレム・デフォー)。
タスマニアの奥地に、一人足を踏み入れるマーティン。しかし、その裏には秘密が・・・。



【私に刺激を与えてくれたコトバ】
・アイデアの宝箱
 →“頭を使う”を秘かにマイ・テーマにしている今日この頃。
  “アイデアの宝箱”ってことは、それを無意識のうちに頭を使い、なしえている証拠ですよね。

  別に自慢でもなんでもなく、そういう時が、私にもあったんです。
  どういう毎日を過ごしていたか一生懸命思い起こしてみると、映画・本と言った、
  パーツではなくて、人生トータルを心の底から楽しもうとすることを楽しんでいたかな、と
  
 「どうすれば、もっと自分が楽しめるか」
 「どうすれば、もっと周りが楽しめるか」

  オーバーかもしれませんが、勇気を出して、
  ブログの世界に足を踏み出してから、そのときの感覚が蘇ってきているような気がするんです

  あとは“自己陶酔”しないように、気をつけましょうね



【10行で綴る“きっと初めて愛を知ったんだろうな”の感想】

有名な小説をベースに製作された本作。
原作本は読んでいませんが、映画も原作並みか、原作以上の秀作になっている気がします。

10行で感想を綴ろうとすると、どうしても作品中の1点か2点にフォーカスせざるを得ないのですが、
本作に関しては、それをするのが難しいほど、人によって感じ方が違うと思われる要素が多数あります。

・初めて知った“家族の温もり”
・初めて知った“誰かを守りたい”という、突き上げるような衝動
・初めて感じた“誰かのためにも生きなければ”という、己の中に湧き上がる感情

この地を訪れるまでマーティンは、生きているけれども、死んでいるような毎日を送っていたのでは。

単独行動をとり、他人とのかかわりを拒むのも、強いのではなく、実は自分が弱かっただけ。

自分の為に生きるのでなく、誰かの為に生きようと決めたとき、新たな自分が、そこには確かにいた



【まとめ~あとがき~】
「なんで、こうなってしまったのだろう?」

本作を鑑賞する上で、重要なポイントになってきます

映画鑑賞後、シーンを頭の中でイチから再生して、
ひとつひとつを振り返りたくなるときがありますが、まさにそれ!!


ネタバレになるかもしれませんので、薄い字で下には綴ります。


・マーティンは、過去になにかあって家族に拒否反応を示すようになったのでは?
・男の子は、父親が撃たれる現場を偶然見てしまい、そのショックで失語症になったのでは?




濃い字に戻しますネ
上のように考えると、ラストシーンは、号泣もんだったはずなんです。

“はず”と言うのは、実は、鑑賞中には、そこまで頭が回らなくて、

「うおっ!いいラストシーンだね

眼も潤んだだけだったんです。
でも帰りの地下鉄車内で振り返っているうちに、
もしかして!と閃いた次第でして。う~ん、遅すぎるっちゅうに



『アニマル・キングダム』に続き、
オーストラリア秀作作品2連発だぜ!と喜んでいたら、本作と製作会社同じらしいです。
パンフを立ち読みしながら、思わず大きくうなずいてしまいました(リアクション大きすぎ



これまでは「1対1」の勝負を挑んできたマーティン。それは殺し合い。
これからは「1対1」の勝負を自ら選んだマーティン。それは生かしあい。


『ハンター2』
続編を製作して欲しい!続きをみたい!!

身体の奥底から湧き上がる強い祈願を綴り、記事を締め括らさせていただきます






ブログランキングに参加してます
もし、よろしければ、っと、して下さると、うれしいです
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。