せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』(11・ベルギー) in TOHOシネマズみゆき座


↑   ↑
この予告編が気になり鑑賞しちゃいました






↑   ↑
原作者ラティフ・ヤヒアさん本人へのインタビューの模様






■1月28日(土)17:10~ TOHOシネマズみゆき座
*同じ館内にスクリーンがあるのにもう一方は“スカラ座”という不思議な映画館

■恐縮ですが評価:★★★★★(4.5点
*点を引いたのはパンフを購入したかった分だけ

■タイトル「ドミニク・クーパーの驚演に、ただ驚くばかり





ヒューマントラストシネマ有楽町作品終了時間から、
本作の開始時間まで、ワタクシに与えられた時間は、わずか

そんなときに限って、心に残る作品でパンフを読んだり、
劇場にある作品情報の張り紙を読みたくなったりもする


今回該当したのは『ヒミズ』

昨日あれやこれやと綴りましたが、
感銘を受けたのは事実でして、上記ルーチン行動を一通りなぞる。

結果、本作の座席に着いたのは、
最後の予告編が流れている最中になっちゃいました

前を横切らせて頂いた皆さま、ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした



【あらすじ】
ラティフ・ヤヒア本人の手記を原作に、本作を製作。

“狂気の申し子”と悪名高く「ブラック・プリンス」と呼ばれた、
サダム・フセインの長男、ウダイ・フセイン(ドミニク・クーパー)。
ウダイは、戦地へと赴く危険な行為や、あらゆる難題を避けるべく、
自分の影武者適任者探しを始める。選ばれた男は瓜二つのラティフ(ドミニク・クーパー=二役)。
頑なに拒むラティフであったが「受けないと家族皆殺しにする」と脅され・・・。



【10行で綴る“鑑賞後に実話と知ってビックリ!”な感想】

「これ実話だったらスゲェな。いや、さすがに実話じゃねぇだろう」と
ドキドキしながら鑑賞していました。だから、エンドロールが流れる前に、、、

“実話”とのテロップが出てビックリ仰天!!
いや、それ以前にチラシに載っていたのを見ずに、
鑑賞した自分にビックリ仰天でもあるのですが


それくらい“ブラック・プリンス”の揶揄に相応しい極道非道さ。

もう途中で父親のサダム・フセインが見放しちゃいますし、
「生まれたときに殺せばよかった」と本人を目の前にして、
口にさせてしまうほどの、大バカ息子。

フセイン政権が倒されたとき、国民が狂喜乱舞した理由が、よ~くわかりました



【まとめ~あとがき~】
最大の見所は一人二役を演じたドミニク・クーパー。

裏声を使って見たり、セリフのスピードを変えてみたり、
一人二役に感じさせないほどのテクニックを披露してくれています。

彼の演技を見るだけでも、お金を払って見る価値は十分にあります


独裁政権の歪さ、騙しているつもりでも騙されていない国民。

家族を守るために命を懸ける息子、息子を守るために命を懸ける父親。


暴君がたった一人いるだけで、本来なら失われるはずのない命が、
数えきれないほど失われていく恐怖。貧困に苦しむ国民を横目に、
酒に、女に、博打に、ドラッグに、お金をつぎ込むほどの富を貪る理不尽さ

醜悪な人物はたった一人なのに、権力を与えてしまうと、
国全体をも暴走させかねない“ひとり”“権力”の魔力


これが実話だなんて出来るモノなら、誰かに「嘘です」と言ってもらいたいくらいです



フセイン政権が倒れても、イラクは依然として混沌としたまま。
アメリカの関心も、核開発疑惑がもたれている隣国イランやシリア、
国内の大統領選挙にシフトし、イラクは放置されているようにすら見えてしまいます

再びこの地に悪魔が降臨する前に、よき指導者が現れることを心の底から願っております





ブログランキングに参加してま~す
もし、よろしければ、っと、して下さると、うれしいです
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

みゆき座 

映画自体とは関係ないですが、みゆき座とスカラ座の名ですが、かつてスカラ座は、旧宝塚劇場の隣のビルの6(?)階くらいにあり、みゆき座はお向かいの旧文芸坐のビルの地下にあり、みゆき座は文芸作品を上映する名劇場でした。
なので、このあたりを再開発するに当たっても、みゆき座の名を残したものと思われます。
  • posted by のんびりレオン 
  • URL 
  • 2012.02/01 10:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: みゆき座 

>のんびりレオンさん

ご教授ありがとうございます^0^
そういうことだったんですね。

行くたびに、何でだろ?
「桔梗の間」「菖蒲の間」旅館みたいな感じ??

そう思っていました。

すんごく、すっきりしました!

ありがとうございました!!!!!
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2012.02/01 14:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『デビルズ・ダブル ある影武者の物語』お薦め映画

見どころはなんといっても、ドミニク・クーパーがウダイとラティフを一人二役で演じていることである。2人を見比べているだけで退屈しないし、2人が同じ画面に登場しても、全く白けた感じにならない。素晴らしいと思う。フセイン政権は2003年に崩壊したが、隣国でも最高権…

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。