せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クリスマスのその夜に』(10・ノルウェー/ドイツ/スウェーデン) in ヒューマントラストシネマ有楽町


↑   ↑
予告編では、クリスマス情緒あふれる、
ハートウォーミングな作品に思えたんだけどなぁ





■12月31日(金)15:30~  ヒューマントラストシネマ有楽町2番SCREEN

■恐縮ですが評価:★★★☆☆(3点)
*予告編で“温かさ”を前面に出しすぎでは???

■タイトル「予告編の重要度を再認識&わたしの責任もあり」





2011年も残すところ、
今作を含めて、あと2本。


本当はクリスマスの日に、
鑑賞予定だったのですが、
別作品を優先してしまいパス


『ニューイヤーズ・イブ』を、
クリスマス・イブ前日に鑑賞し、
今作を大晦日に鑑賞してしまう

“アホの見本”そのものでしょう
こんど有楽町のルミネに落書き用で飾ってもらおうかな



【あらすじ】
一年に一度のクリスマスの夜だけは、大切な人と過ごしたい。
そんな願いを心に抱きながら家路を急ぐ、人たちのエピソードで綴られる群像劇。



【10行で綴る“今年のクリスマスもケーキなし”な感想】
予告編ですと、ハッピーで、浮かれ気分になれそうな作品に見えますが、
実際は「孤独死、家族と上手くいかない、内戦で故郷に帰れない」そんな、
現実を描きつつ、それでもクリスマスの一夜くらいは、大事なあの人たちと、
幸せな時間をすごしたい

クリスマスの明るい側面だけではなく、その裏側にもある苦難にも、
ライトをあてながら、健気に生きていく様子が描かれておりました。

タイトルにクリスマスがついているのに、
「R15指定」がつけられている。もしかすると、
それが今作を最もわかりやすく表現しているかもしれません。

様々な事情で、クリスマスを祝えない人もいるのですから・・・



【まとめ~あとがき~】
クリスマス気分を味わうために鑑賞するとコケそうな気が

もしかしてベント・ハーメル監督こそが、クリスマス否定派





ブログランキングに参加しています
もし、よろしければ、っと、して下さると、うれしいです
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。