せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カルテット!』(11・日本) in シネマイクスピアリ★先行上映★


↑   ↑
今作のニュース映像
予告編、あらすじ、キャストのあいさつ、
すべてが盛り込まれています。だから予告編はずしちゃった




↑   ↑
東京国際映画祭、
上映前舞台挨拶の模様




↑   ↑
3.11
浦安市、地元住民が撮影した、
液状化現象発生リアルタイムの映像
地面のずれ、悲鳴、水の噴き出す様子が凄まじい

このあと、我が家も・・・



■12月18日(日)15:40~  シネマイクスピアリ 5番SCREEN
*上の階から、チケット半券切り取り場所を通って、下の階へ

■恐縮ですが評価:★★★☆(2.5点)→終盤の致命的な欠陥に目をつぶった場合
*終盤の致命的な欠陥をキッチリ評価に入れると“失格(退場)”です

■タイトル「演出が荒く映画までもが“液状化現象”




本日3本鑑賞一番のお目当て

浦安市市制30周年記念作品。
今作、原作の作家さんも、浦安市在住のかたです。


ご当地映画とあって、浦安市唯一の映画館、
シネマイクスピアリでは、来年の全国公開より、
一足お先に上映開始。上映初日には監督・キャストによる、
舞台挨拶もありました(珍しい!行きたかったけど行かず


震災による液状化現象被害の影響もあり、
撮影中止も検討されたようですが、最終的には、
震災後の3月下旬から浦安市内を中心にロケを実施。
こうして、映画館のスクリーンで日の目を見ることができました


当日は、一番大きい劇場があてがわれ、
半分くらいの入りでした。と、文字だけだと、
ガラガラのようですが、構造を考えると、ほぼ満席と同じですよ



【あらすじ】
永江開(高杉真宙)は、将来を有望視されたバイオリンの才能を持つ中学生。
音大出身の両親(細川茂樹・鶴田真由)、高校生の姉(剛力彩芽)と千葉県浦安市に住んでいる。
家族でクラシックを演奏する音楽一家だったが、両親は生活のために音楽をあきらめ、姉は才能ある
弟にコンプレックスを持ち、フルートを止めてしまう。追い打ちをかけるかのように父もリストラに。
崩壊寸前の一家の絆を取り戻そうと開は、もう一度、家族みんなで演奏することを提案するが・・・



【心に残ったセリフ】
・本当の失敗ってなんだと思う?それは“挑戦しないこと”
 →色々と心に残ったセリフを書いて来ておりますが、私は、
  この手のコメントが、毎回毎回、心にグサッと突き刺さります

  どこかで、挑戦しきれていない自分を自覚しているからなんだろうと、
  気づいているのですが、永江家の両親ではありませんが「生活のため」と、
  言い訳をしながら、一歩を踏み出せていません。もっとも、このひとつ前に、
  鑑賞した『マネーボール』の心に残ったセリフに綴ったように、そう思っているのは、
  本人だけで、既に一歩を踏み出すどころか、フェンスオーバーしているのかもしれませんが



【感想:頑張って10行で収めます!】
以下、箇条書きで(若干辛口のコメントが並びます)

①バラバラの家族がひとつになっていくのは、表の行動でわかるけれども、
 心の中での結びつきを取り戻す変化が伝わってこない。家族にはみえない。

②高杉真宙の演技を見慣れていない前半は、下手すぎて見ていられない。
 『リリィシュシュのすべて』デビュー当時の市原隼人みたいにセリフを、
 削るなどの工夫をみせてもらいたかった。表情演技は、まだ我慢できただけに。

③時間軸の杜撰さに唖然茫然。12月24日浦安市文化会館控室の時計は夜7時15分。
 直後に映る、開を乗せたバイオリンの先生が運転するバイクは、既に浦安市内に入っている。
 さて外は陽がある?ない??クリスマスイブですよ!1年で最も日が短いシーズンですよ!!

2シーンで感涙しましたが、上記3点を見過ごすことができませんでした・・・



【まとめ】
地元住民としましては、非常に期待していただけに、反動で失望も大きく
さらに剛力彩芽が出演していると知っていたら、エキストラに参加していたのに


浦安市内で撮影しただけあり、知っているところばかり。
我が家も、もう少しカメラが、右に寄れば映っていました


どうせ浦安で撮影するなら、ミッキーに特別出演してもらいたいところですが、
ディズニーは著作権管理が、非常に厳しいため、ディズニーランド併設の、
映画館で上映されているにも関わらず、影も形もございません

その替わりというわけではないでしょうが、松崎浦安市市長が出演

今作で唯一、映画館全体が「おっ!市長だ!」と、ドッとわきました。
しかし、ここも残念ながら?森田健作千葉県知事の出演はありませんでした


エンドロールで流れるのは震災直後の浦安市内の写真。
ここは、ごめんなさい。涙なしには見ることができませんでした

ちなみに、永江家の自宅も、浦安市内のお宅を借りたのだと思いますが、
よ~く見ていただくと、地面近くの壁の煉瓦に亀裂が入りずれています。

作品全体を通して、恐らく意識して、
震災の傷跡を映していないのですが、
さすがに、そこまでは隠し切れなかったのでしょう


浦安市民としては、自信を持って、
「是非、ご覧ください」と満面の笑顔で、
お勧めする予定だったのですが、残念な結果に終わってしまいました

ここは一発リベンジで
浦安市市制31周年記念作品に期待しております
(そんな予定は聞いてないけど





ランキングに参加しています
よろしければ、っと、して下さると、とってもうれしいです
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。