せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サラの鍵』(10・フランス) in 銀座テアトルシネマ


↑   ↑
先週のブログでも載せていたような




■12月17日(土)16:10~  銀座テアトルシネマ
*今回は下の階の舞台公演の大混雑とはぶつかりませんでした

■恐縮ですが評価:★★★★★(5点満点
*たぶん去年の東京国際映画祭で鑑賞していたら5点じゃ足りないと興奮していたはず

■タイトル「原作未読で鑑賞したほうが、より心に深く染み入るはず・・・




昨年の東京国際映画祭、
最優秀監督賞と観客賞をW受賞

上映時間に同映画祭会場にいたにも関わらず、
別の作品をチョイスしてしまった悔恨もあって、
見たくて、見たくて、見たくて、仕方がありませんでした。

だから、他の作品の本編前に流れる予告編で、
今作を見たとき、思わず座席で小さくガッツポーズ


早く作品の内容を知りたくて、
映画公開を待ちきれず原作読破。
地下鉄車内で落涙(周囲に不審がられる)。

映画鑑賞指定席チケット、
発売されるや否や速攻で購入。
なんとうれしいことに一番乗り


鑑賞当日も大好きな歩行者天国で道の中央を歩き、
心身ともにリフレッシュしたのちに、映画館入り

やはり、同じような人が多かったのか、公開初日、
2回目、そして私が鑑賞した回も、満席になっていました



【あらすじ】
ジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、
1942年フランスのヴェルディヴで起きたユダヤ人迫害事件を、
取材するうちに、恐ろしい秘密と、ジュリアが住んでいる家で、
かつて起こったユダヤ人家族の悲劇を知ってしまう。そして、
ユダヤ人家族の長女・サラ(メリュシーヌ・マイヤンス)の視点で、
見ていくうちに、彼女自身の人生にも影響が・・・。



【心に残ったセリフ】
・真実を知るには代償がいる
 →刑事系作品で使い古された感はありますが。
  今作の場合、知った真実がユダヤ人大量虐殺に、
  関するものですから、一言で片づけるには重すぎて。
  真実を知ったことで、誰しもが幸福になるのでなく、
  不幸せになることってありますから。もっとも、それでも、
  白日の下に曝さなければならないことはあるのですが・・・



【感想~今回は昔のようにフリーに綴らせて下さい&ネタバレです~
上映が終わり、客電が点灯した瞬間に、座席で脱力しながら浮かんだ思い


①震災で人の死に対する距離が近くなった、
 今年の東京国際映画祭映画祭だったら、観客賞の受賞はなかっただろうな

②原作の世界に忠実で、原作の行間もストーリーに組み込まれていて、
 それが驚くべきことに、寸分の狂いもなくピタリとはまり込んでいる。
 こりゃ、原作読まずに、純粋に鑑賞したほうが監督の思いは伝わるだろうな。
 できることなら『黄色い星の子供たち』(今年公開)も見ないほうがいいだろうな


◆   ◆


今作の背景を少し。

フランスのホロコースト、つまりユダヤ人大量虐殺の史実は、
1995年シラク前大統領が認めるまで歴史の闇に葬られていました。

世界で300万部を売り上げた今作の原作本は、
暗部に隠されていた事件を題材に執筆された点においても注目を集めました


◆   ◆


60年前幼少期のサラの時代。
現代、サラに関心を持ち取材を進めるジュリアの時代。

双方を行き交いながら作品は進められてゆく


〈60年前〉
女、子供は強制連行されることはないはずなのに、
突然、警察によってヴェルディヴの競輪場に収容されるサラの家族を含めたユダヤ人。
しかし、スグに我が家に帰れると思っていたサラは、自宅の押し入れの中に弟を隠れさせ、
「わたしが迎えに来るまで絶対に開けちゃダメ」と、納戸に鍵をかけてしまう。。。


〈現在〉
そんなことがあった一室とは知らずに住むジュリア。
しかし、取材を進めていくうちに、自分の住む家が、
かつて、大量虐殺されたユダヤ人家族が住んでいた家だと知る。
そして、義理の父は、弟の変わり果てた姿を見て泣き叫ぶサラの様子を見ていた。。。


◆   ◆


原作本を読んでいるときもそうでしたが、
ジュリア目線ではなく、サラ目線に感情移入しながら鑑賞していました。


・どうして自分は生き残ってしまったのか
・弟を殺してしまったのに、、、両親を助けられなかったのに、、、
・強制収容所を逃げ出したのは、弟を助けたかったからなのか、
 本当は、自分が逃げたかっただけじゃないのか
・こんな私に幸せな生活を送る資格があるのか
・こんな私が生きていていいのか

自分を責めて責めて責めぬくサラ。
そして、彼女が選択した道は・・・・・・。


ところが、終盤間際からは、
一気にジュリア感情移入路線に変更。

ここで、キーになるのが“2年後”のテロップ

映画内だと、ほんの数秒の出来事なんです。

でも、ジュリアにとっても、サラが残した、
ただ一人の息子(息子と言っても大人です)、
にとっても、2年間なければ、サラの人生について、
心の整理をつけることができなかったんです。

映画では、ほんの数秒のテロップですが、
この2年間に、どれだけの葛藤が蓄積されていることか

映画では、頻繁に用いられる手法ですが、
ここまで重く、考え込まされるテロップは初めて


息子にとっては、50歳にして、今までひた隠していた、
母の素顔と向き合うわけですから、衝撃以外の何物でもない。
だって、自分にユダヤ人の血が入っていたことも、母がフランス人だったことも知らないのだから。

一方、ジュリアにとっても、不妊治療を受けるほど苦しんでいた自分に、
奇跡的に子供が舞い降り、とってもカワイイ女の子を出産できたのだから。

ジュリアが追い続けていた少女サラは悲業の死を遂げたのを知る。
そして、それを知ったとき、奇跡的に授かった命は、偶然にも女の子。

ジュリアがサラの生まれ変わりと思うのも至極当然。
今度こそ、幸せに満ち溢れた人生を送らせて(贈らせて)あげたいと。。。


◆   ◆


監督賞を受賞したのはキャスティングと演出力。

サラを演じた子役は輝ききっていますし、
ジュリアを演じた女優は女優賞受賞経験のある実力は折り紙つき。

この2人なしに今作を語ることはできません



【まとめ】
と、ここまで今作の感想を綴っていて、
最初は評価を4.5点にしていたのですが、5点に変更しました。
時代背景の違いはありますけど、作品単体で見れば圧倒的な良作に間違いありませんから



戦争は人間の命を奪うだけでなく、
たとえ命があったとしても人格を崩壊させてしまう。

それは、生きているのに死んでいるのと同じ。

戦争がなければ、サラも弟も悲業の死を遂げることはなかった。



心臓は鼓動しているけれども、心の鼓動は消えてしまっている哀しさ

地球上から、戦争が消える日は、果たして訪れるのでしょうか・・・。





ランキングに参加しています
もしもし、よろしければ、っと、して下さると、うれしいです
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

秋以降、名演小劇場に全く足を運んでいなかったので
本作の事も全くノーチェックでした。
せぷたか。さんの『黄色い星の子どもたち』のレビューで知って
ちょうど『灼熱の魂』と連続で上映されたので観て参りました。

こえは、もうせぷたか。さんのレビューに感謝、感謝。
本当に観て良かったです、有難うございました。
  • posted by ほし★ママ。 
  • URL 
  • 2012.02/11 14:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

ほし★ママ。さんへ 

こんばんは☆彡

本作と『灼熱の魂』を連続上映ですか!
名演小劇場のチョイス、恐るべしです!!

どこかに小さく、
「本作の次に『灼熱の魂』を見てね♪」
とは書いてありませんでしたか(=⌒▽⌒=)

本作、別に名演小劇場をけなすわけではありませんが、
絶対に”メジャーなシネコン”で上映すべき作品です!!!

でも、こちらも単館系の映画館でしか、
上映されなかったからなぁ(・へ・;;)うーむ・・・・
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2012.02/11 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。