せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リアル スティール』(11・アメリカ) in 新宿ピカデリー


↑   ↑
やっぱ、予告だけで、痺れるなぁ





■12月11日(日)15:10~  新宿ピカデリー 1番SCREEN
*今日はシネコンの一番大きいスクリーンをハシゴ

■恐縮ですが評価:★★★★☆(4点)
*感動度だけなら5点満点だけど、ベタすぎるかな。ボロ泣きしたけど

■タイトル「家族+ボクシング+ロボット+かわいい子役=大ヒットの条件はそろった




予告編の段階からウルウルしてしまうほど、
感動条件が揃いすぎているほど揃っていた今作

ネッ友さんの評判も上々
上映開始2日目に駆けつけてきました


一番収容人員の多い劇場ですが、
ほぼ満席の大入り状態でございました



【あらすじ】
才能あふれるボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、
高性能なロボットたちが死闘を繰り広げるロボット格闘技時代の到来によって生きる場所と夢を失った。。。

ある日、チャーリーの前に10年ぶりに現れたのは、彼の一人息子マックス(ダコタ・ゴヨ)。
最愛の母を失った彼は深く傷ついていた。そんなとき、ゴミ置き場に捨てられたロボットに出会い・・・。



【10行で綴る感想】
いきなり乱暴なことを言ってしまいますが、
前半を凝縮して、後半密度を濃くしたほうが、
感涙&ボロ泣きしときながらなんですが、もっと映画の質は上がったと思います

前振りを、あそこまで引っ張る必要はない。
でも、そんなイラつきがあったからこそ、中盤以降のボクシングシーンで、
桁外れの感動をしたわけでもありますから、そう考えると、映画製作者の術中にはまりまくったとも

変にこねくりまわさず、感動作品の王道を、
恥ずかしそうでなく、堂々と胸を張って突き進んでいる作品

ストライクゾーンも広そうで、
安心して他人に紹介できる作品って、こういう作品を指すのかもしれませんネ



【まとめ】
そんな感想の締めくくりとは相反するかのように、
私の右隣に座る男性は、客電が点灯しても寝ているほど爆睡していました


カメラアングルを子供の目線まで下げて、
子供が見える風景をスクリーンに描いてみたり、
白い鳥を一羽、一瞬横切らせてみたり、とベタな作品、且つ、
CGが目立つ作品でありながらも、映画っぽいテイストを忘れていません


ATOM、漢字、日本語のセリフが普通に使われているのも、
あまりにも普通に使われているから、日本がリスペクトされているみたいでうれしい


お子様から大人まで十分に楽しめる作品
ただし、クライマックスでは興奮度=血圧が一気に上がりますので、その点はご注意を





ランキングに参加しています
もしもし、よろしければ、っと、して下さると、本当にうれしいです
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。