せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回東京フィルメックス『グッドバイ』(11・イラン)★コンペティション★


↑   ↑
英語字幕ですが・・・、予告編





■11月22日(火)12:10~  有楽町朝日ホール
*さすがに平日、この時間だと座席にも、スタッフにもゆとりがある

■恐縮ですが評価:★★★★☆(3.5点)
*ここまで来ちゃうと完全に好きか嫌いかの違いだけだと思う

■タイトル「あまりに多すぎる、サヨナラしたもの・・・




平日日中、しかも普段滅多に一般公開されない、
イランの作品となると、なかなか集客するのは難しい

HPのあらすじに興味を惹かれ鑑賞を決定!
でも、いつもの通り少数派に所属するわたし。

他の作品と比べると空席が目立ちました。
それでも十分、埋まっていたほうだと思いますよ



【あらすじ】
テヘランに住む女性弁護士ヌーラ。
ジャーナリストの夫は地方に身を隠しており、
彼女の周囲には行方を探す当局監視の目が向けられている。
妊娠のために弁護士資格も停止され、夫と連絡をとることもできず、
ヌーラは海外への出国を決意する。しかし、その行く手には幾つもの困難が・・・。



【心に刺さったコトバ】
・国内で疎外されるより、国外で疎外されたほうがいい
 →イラン国内の不自由さを、ここまで端的に表現しているコトバはないのでは。
  思想、音楽、表現、多くの自由が制限され監視を受ける。同じ地球上の国とは・・・



【10行で綴る感想】
直近で鑑賞したイラン作品が東京国際映画祭の『嘆き』。

芸術センスが溢れると同時に、夫婦を通じたとはいえ、
イラン国内における、閉塞感のようなものが作品全体に流れています。

今作、ヌーラが普通に生きたいだけなのに、
ここまでもがき苦しまなければならない、なんとか現状を、
打開したいけれども、あがけばあがくほど底なし沼に沈んでいくような、
息苦しさに、見ている此方までもが、沈鬱な気持ちになってしまいます。

表情には悲壮感すら漂わせるヌーラ。
哀しみに満ちた演技が素晴らしく余計に胸が苦しくなる。

陰影の用い方、感情の細かな襞の表現、良作過ぎて気分は重くなるばかりでした



【まとめ】
本日1本目に鑑賞したハッピーな気分が、
いっぺんにチャラになってしまいました

救いがあれば少しだけでも光が残るのですが、
ここまで完膚なきまでに打ちのめしてしまうと、
監督のメッセージや、映画としての質の高さは、
理解できても、生理的に拒否反応のほうが強くなってしまう


「作らなくてはいけない」

熱の強さはビンビン来ます

ただ、私としては、この熱が、
抑圧された世界を描くのではなく、
人が幸せになれるような世界に向かう、
社会にイラン国内がなってくれることを切に願いたいです。


光があれば、影があるのが自然の摂理なのは、
重々承知しておりますが、明るいに越したことはありませんから




ランキングに参加していますよろしければ、っと、して下さるとうれしいです
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。