せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋の罪』(11・日本) in テアトル新宿


↑   ↑
作品の空気を十二分に醸し出す予告編




↑   ↑
今作の舞台、渋谷区円山町で行われた完成披露試写会の模様。
オーディトリウム渋谷かな?それとも旧Q-AX跡地の地下1階かな





■11月13日(日)13:30~  テアトル新宿

■恐縮ですが評価:★★★★★(5点満点
*パンフ立ち読み、劇場張り紙熟読、満点条件そろう

■タイトル「圧倒されぐったり。しばらく席立てず・・・」





良い映画を見ると陽気になってしまう私

2本目に鑑賞した作品で感動した私。
高鳴る気分に乗せられ、この映画館への移動中に遭遇した、
ブラスバンドを、まるで子供のように、リズムをとって一緒に歩く。

そのまま大好きなコンビニ、ローソンへ移動し昼食購入。
ここでも大好きなLチキHOTと、梅干しのおにぎりをゲット。

先日、同コンビニには「Lチキ」の商品名を「Lキチ」と書いた、
張り紙を掲示していたのですが、今回は「Lチキ」になってました


上映開始2日目だったため、予め先売りでチケット購入。
これが大正解!立ち見がでるほどの大盛況でございました。

ちなみに同日、1回目から最終回まで満席。
喜びの報告を映画館から配給会社にしたところ、
急遽最終回上映終了後に監督とキャストによる、
舞台挨拶が開催されたそうです。う~ん、うらやましい

なお、同館のツイッターによると、
平日に入ってからも満席が続いている、うれしい悲鳴状態

鑑賞に行かれる方は、前もって指定席券に交換しておくことをお勧めいたします




【あらすじ】
90年代渋谷区円山町ラブホテル街で起きた、
実在の殺人事件からインスパイアされた今作。

どしゃぶりの雨が降りしきる中、ラブホテル街のアパートで、
女性の変死体が発見される。女刑事・和子は事件を追ううちに、
大学のエリート教授・美津子と、人気小説家を夫に持つ清楚で、
献身的な主婦・いずみの驚くべき秘密に引き込まれていく。

果たして事件の隠された真相は・・・。



【心に残ったセリフ】
〈ことばなんかおぼえなきゃよかった〉
→園子音監督、元詩人ならではの脚本かなぁと。
  確かに言葉がなければ知らずに済むこともあれば、
  誰かを傷つけたり、傷つけられたりすることもありませんからね。
  恋に深く入り、人生を深く突き詰めて生きなければ出ない言葉だよな



【10行で綴る感想~ネタバレになってるかも~
究極の男のエロス、女のエロス。
それは己が己らしく命を長らえるため選択した動物的本能。
心臓は音を刻んでいる。動物的には生きている。でも私は生きていない。

己の生を確かなものとし体感できる、見つけた唯一の方法が性行為。
資本主義の象徴であるキャッシュと交換するのを必須条件として。。。


エロイ、グロイ、長いなど、賛否両論が相次ぐ今作。
ここまで自分を見つめたこともなければ、生きることを突き詰めて考えたことのない、
人間にとって、ここまで己を見つめ、誰かと己を愛しぬこうと、文字通り命を懸けて、
生きようとする姿を見せられると、まるで自分の魂までもが吸い取られてしまう感覚に陥ってしまう。

上映終了後、客電が点灯してからも、体に力がまるで入らず、ぐったり放心状態でございました



【まとめの前に・・・~私見ですが~】
若い女性の姿だけでなく、若い人の姿が客席に目立った今作。
どうやら、平日もその様子に変化はないようです。

「R18作品のブームが到来している」
数字を根拠に書いている新聞記事を読みましたが、それだけが理由ではないのでは。


あくまで私見なのですが、
園子音監督作品=クール・オシャレ・カッコイイ、
若い人の一部層のなかで、ある種の“ファッション・アイコン”になっているのではないかと。

自分のブランドを高めると言うと極端かもしれませんが、
園子音監督の作品を鑑賞し、理解する。そして、その良さを周囲に語る。
一昔前にあった“アート系作品ブーム”と似た層が集結しているような気がするのです。

ただ、もしこの仮説があっているとすると、次に来るのは、
「良さがわからないのはおかしい=知ったかぶり&批判ができなくなる」
だって、批判をするのと、周囲にバカにされるかもしれない怖さが出てくるから。

イイか悪いかは、ひとまず置いといて“カリスマ”になりつつあるのかもしれません



【まとめ】
公開直前に園子音監督との婚約を発表された神楽坂恵。
『冷たい熱帯魚』(10)よりも、演技が飛躍的に良くなっていました
ベタですが、これぞ「愛のチカラ」でしょうね


と、わずか公開2日目でなんですが、
園子音監督ファンとしましては、次なる待機作『ヒミズ』が気になって仕方ない。
だって、二階堂ふみ好きだし、AAAのニッシーも『愛のむきだし』以来、監督作品に出てますから

こりゃ、鑑賞前から、星5個&5点満点決定かな





ランキングに参加していますよろしければ、っと、して下さるとうれしいなぁ
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

おはようございます、
先程まで朝からネットでグロい話題を拾ってしまって
少々凹んでいたのですが。。。

考えてみれば映画でも十分グロ見てきたなぁ
『恋の罪』足運ぶ時間はなさそうですが
『ヒミズ』の予告には心動かされるものがありますね

たしかに園作品、過剰に持ち上げられ過ぎな気はします
個人的には結構欠点の悪目立ちする作家だと想うのですが.

>ことばなんかおぼえなきゃよかった

グサッときました.
  • posted by ヒノキオ 
  • URL 
  • 2011.11/17 09:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

平日でも満席状態ですか・・・

昨日の水曜は、テアトル新宿は千円デイなので行こうかな?
と一瞬考えましたが、絶対混みあっているだろうと思い、後日にまわすことにしました。
しばらくは、大混雑ですね。

〈ことばなんかおぼえなきゃよかった〉

このフレーズ  出典は、田村隆一さんの「帰途」という詩と思います。

私も、忘年会までには見て、語りたいと思います。色付きの文字
  • posted by のんびりレオン 
  • URL 
  • 2011.11/17 12:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

ヒノキオさんへ^0^ 

こんばんは☆彡
グロイ話題がちょっと気になるのですが^^;

『ヒミズ』だけでなく、
『恋の罪』も、お忙しいとは思いますが、
ぜひぜひご覧ください。そして感想を読みたいです。

>たしかに園作品、過剰に持ち上げられ過ぎな気はします
激しく、同感です!!

ヒノキオさんのブログは、
(仮)が外れたらリンクさせてくれるとうれしいです^0^
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2011.11/17 21:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

のんびりレオンさんへ^0^ 

こんばんは☆彡

まさか私のブログを見たわけではないでしょうが、
テアトル新宿、ツイッターへの満席情報を控え始めました^^;

案外、狙い目は、ヒューマントラストシネマ渋谷かもしれません。

>このフレーズ  出典は、田村隆一さんの「帰途」という詩と思います。
はい、大学の授業シーンでしたから、間違いなく出典があるはずです!!

忘年会で、Yahoo!映画のことも含めて語り合わせていただけると、うれしいです:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2011.11/17 22:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます

あー、すいません、FC2に乗り換え用かと
引っ越しまではしたんですが、
結局ライブドアに残ることにしてしまいました

いずれ本格的に乗り換える日がきましたら改めて^^
  • posted by ヒノキオ 
  • URL 
  • 2011.11/18 08:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

ヒノキオさん 


おはようございます。

了解で~す!

そのときはよろしくお願いします^0^
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2011.11/18 08:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます。

「恋の罪」見ました。見ました!
恋って言葉がこの作品にはあんまりに会う気がしません。
作品の中で誰かが誰かに恋してるって感じじゃなかったですし。

なんだろうなぁ。好きな部類じゃないけど、なんとなく見とこうと
思って劇場に行ってしまいます。
たぶん「ヒミズ」も見に行きますよねぇ。

ただ、田村の詩は心に残りますよね。
「女」が女であるように「体」であるように
心と体が感じてこそ、言葉の意味を持つ
だからこそ、涙の意味を知ってる人は、足を止めてしまう。

気になって、ネットで探してみましたが、
全文読んで、やっぱりいいなと思いました。
詩集(作品集?)買っちゃうかもです。
  • posted by ココロ_kibou 
  • URL 
  • 2011.11/18 12:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

ココロ_kibouさんへ 

こんばんは☆彡
コメントありがとうございます^0^

「ヒミズ」は100%見に行きます!
エロ、グロさがないらしいので、余計に期待です!!

全文、そんなに刺さるんですか・・・
う~ん、私も詩集、買っちゃおうかなぁ。
なんか、ドップリはまっちゃいそうな気がしないでもないんですが^^;
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2011.11/18 21:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。