せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回東京国際映画祭『プレイ』(スウェーデン/デンマーク/フランス)★コンペティション★アジアン・プレミア★


★最優秀監督賞受賞


↑   ↑
本国の予告編
穏やかなBGMに引き寄せられると・・・




■10月29日(土)17:30~ TOHOシネマズ六本木7番SCREEN
*ここから残り2本は7番スクリーン。まさにクロージングって感じだ

■恐縮ですが評価:★★★★★(5点満点
*5点と1点が、ハッキリわかれる作品でしょうね

■タイトル「ここまで気分を悪くさせる作品、なかなかないよ




小林政広監督がコンペ15本中、
唯一賞賛し、グランプリ候補に推薦した今作。
そのことだけで、今作の雰囲気が伝わる気が


映画祭8日目というのもあり、事前には、
自分の鑑賞体力が限界に近づいているだろうと予想。

当初、ここからの2本は鑑賞しないつもりでいました。
ところが、なにか引っ掛るものがあり、当日券を購入

結果としては、この引っ掛かり(映画の神の知らせ?)に、
感謝してもしきれないほどになるとは、このとき想像もできませんでした



【あらすじ】
スウェーデンのヨーテボリ中心部で、
2006年から2008年にかけて、12歳から14歳の少年グループが、
カツアゲを働くという事件が、40件以上も発生する。それは、少年たちが、
セルフイメージ、ロールプレイング、ギャングのレトリックを用いたものだった。
実際に起きた事件を元に、家庭や人種の問題を浮き彫りにしていく・・・。



【心に残ったリューベン・オストルンド監督の言葉】
「フレームに限定を設定するとエネルギーが生まれる」

まさに言葉通りの撮影手法が用いられています。
こんな撮り方をした作品を見るのは初めて!!!
こちらも衝撃的でした



【10行感想~これを10行でまとめるのは厳しい~】
「精神的にやられます」→これは間違いありません
「途中退場者出るはずです」→これも間違いありません
「激怒する人が出るはずです」→これも間違いありません

実際に起きた犯罪をベースにした作品です。
「PLAY」のタイトルが示す通り、犯罪でも彼らにとっては遊び。

用意周到に、グループ内で、各々役割を決め、
狙った獲物は、絶対に逃さない。そして根こそぎ剥ぎ取る。
社会からのレッテルを逆に利用する姿は、本物のギャング顔負け。

人種差別も移民問題も彼らにとっては“遊び道具”のひとつにすぎない。
これは日本にとって“対岸の火事”で済ませてよいのでしょうか・・・



【上映後のQ&A】
上映直後、別作品の上映開始時間と2分差だった影響も、
あったのでしょうが、座席を立ち、劇場をあとにする人の姿が目立ちました。

しかし、その一方残った人には、
今回の映画祭ではなかった異様な空気に覆われていました

実際Q&Aが始まってから挙手の数、多いこと多いこと。

そして、当然のことながら作品に対する批判まで飛び出す有様。

もっとも、お客さんがそういう感情になるのを最初から狙っていた。
映画が終わったあとに、流されてしまうのでなく、考えて欲しいし、
一緒に来た人同士で、考えをぶつけ合ってもらいたい、そういう作品に
したかったそうです。まさに、狙い通り!!


脚本、カメラアングル、演出、ロケハン、
ありとあらゆるものが、はまりまくっていたのですが、
絶対に忘れてならないのが、子供たちの名演技

これが全員なんと素人

1日で終わらず3日かかったシーンもあったそうですが、
撮影現場ではサッカーチームのようなチームワークを作り上げ完成させたそうです。

何テイクも何テイクも撮りなおすシーンが、
数多くあったにもかかわらず、子供たちはついて来てくれた。

ただ、ワンテイクでOKが出たシーンも。
それは、ピザ屋でピザを食べるシーン。

子供たち、腹ペコで一気に食べてしまった。
演技じゃなくて、素だったんですね

会場からも笑いが起きましたし、
子供たちの話になると本当にうれしそうな、
表情になるプロデューサーの姿が、とっても微笑ましかったです



【まとめ】
黒人、アジア系、そしてゆりかご。

小道具ひとつ、挿入される小さなシーンひとつ、
すべてに監督の意図が込められています。

そんな意図があったのか!!

驚きの連続であいた口がふさがりませんでした


リューベン・オストルンド監督の他の作品も見たくなりました。
どの作品も、今作のように、独創性に溢れているのかどうか見たくて


映画を見て、ここまで気分が悪くなり、
同時に、正反対ともいえるリアクション、
大喝采を贈りたくなったのは初めてです


グランプリを与えるには暗すぎる

そんな理由でグランプリは見送られたそうですが、
名だたる審査員に、そんな感情を抱かせただけでも、
十二分にグランプリに値するでしょう


芸術性、時代性、メッセージ性、
映画全体の構成力は抜きんでていました。

見てよかった!!

心の底から思わせてくれる、
いや、叫びたくなる作品でした





ランキングに参加していますよろしければ、っと
↓   ↓


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

長回し 

長回しでまるでドキュメンタリー映画であるかのようなスタイル。カメラが固定されていてドッキリカメラ的な印象もあります。入念な演出の成せる技でチームワークの賜物と知りました。スウエーデン映画祭で観てビックリしました!トリュフォー監督が子どもたちを描いた秀作は数少ないと書いていましたが、本作はかなり子どもたちの生態に迫っていましたね。
  • posted by PineWood 
  • URL 
  • 2015.09/25 04:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 長回し 

コメントありがとうございます。

最近、映画を見に行けておらず、
更新が滞っておりますが、このようなコメントを頂けると励まされます。

スウェーデン映画祭で上映されたんですね!
本当は本作のような良作ほど、一般公開されて欲しいのですが。。。
  • posted by せぷたか。 
  • URL 
  • 2015.09/25 09:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。