せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回東京国際映画祭『別世界からの民族たち』(イタリア)★コンペティション★International Premiere★


↑   ↑
予告編で~す。意味深な表情をされてますね




↑   ↑
公式インタビューの映像です




■10月23日(日)18:20~ TOHOシネマズ六本木7番SCREEN

■タイトル「日本版を作ると様々な団体が大騒ぎするだろうな」

■恐れながら評価:★★★★☆(4点)




“もしも人が、ある日突然、忽然と姿を消したとしたら”

そんなストーリーに惹かれて鑑賞を決めました。

同じような人が多数いらっしゃったようで、ほぼ満席でした



【あらすじ】
合法、不法移民が数多く住むイタリア北東部。
そこでは、テレビショーで、バーで、移民を、
侮蔑する言葉が頻繁に交わされる。
「国に帰れ!ここから出ていけ!」
ハイ。本当に居なくなってしまったら、どうなるのでしょうか・・・。


【10行感想】
移民問題という重いテーマを取り上げながらも、
あらすじが示すようにファンタジックな要素も取り入れられ、
「考え込む」というよりは「クスクス笑いながら」がぴったり

日頃は、ある種、人種差別的な過激な言葉をぶつけながらも、
実際に、突然姿を消してしまったら、どうなってしまうのか。

一番は、安価な労働力=経済への影響に考えが及ぶでしょう。

「嫌い嫌いも好きのうち」ではないけれども、
いなくなればなったで寂しさも募ってくるのではないか。

“移民”を取り上げながら“人の繋がり”“絆”と言った、
現代で失われつつあるものを、もう一度見直させる作品に取れました


【上映後のQ&A】
劇中では、移民に対して、
侮蔑なんて、生易しいものではなく、
かなり過激な発言をするセリフがあります。

質問に答える形で教えてくれたのですが、
実際にイタリアの政治家が発言したもので、
You tubeで検索をすれば、映像が見られるらしいです。

移民系の作品は、他国でも作られていますが、
イタリアは移民を受け入れる歴史が、他国と、
比べると、まだ浅いらしく(監督は「一期」の単語を用いてた)、
手探りの状況があるのだそうです。


「人がいなくなる喪失感を描きたかった」


~以下、ちょっとネタバレ

ラスト、人は戻ってきませんが、
小学校で子供たちが飼い、移民の子供が
預かっていた、ウサギは、戻ってきます。

「帰ってきてほしいとの想いが強かったからでは」

監督、笑みを浮かべながら、そんな話をしてくれたのでした


【まとめ】
翻って、日本に目を移すと、
案外、他人事には思えない。

私が愛用するスーパーのレジスタッフ、
中国人ばかりだし、しかも日本語超上手い

在日問題、同和問題、アイヌ系など、
目を向けないようにしているけれども、
潜在的にあるのも、まぎれのない事実。

でも、日本じゃ難しいだろうな・・・。
『パッチギ!』で結構騒動になったくらいですからね



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。