せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回東京国際映画祭『キツツキと雨』(日本)★コンペティション★World Premiere★


★審査員特別賞受賞


↑   ↑
予告編です。久々の日本語だ




↑   ↑
映画祭で行われたインタビューです




■10月23日(日)14:30~ TOHOシネマズ六本木7番SCREEN
(やっぱり7番がスクリーンも超デカくて一番好きだよ

■タイトル「最初から最後まで笑いが止まらず。もちろん涙も!」

■恐れながら評価:★★★★★(満点)
 「南極料理人」がツボだった人は、今回もど真ん中のはず



~たぶん今回は長くなる。少しネタバレも


邦画で唯一のコンペティション部門参加作品。
前売券は速攻で売り切れてしまい、追加券の、
発売初日に、なんとかゲット!!!チケット入手に、
一番苦しんだ作品=今映画祭の大注目作品でございます。


監督が注目だけではなく、
なんてったって、あの役所広司と小栗旬が初共演。

しかも初映画監督をしたばかりの小栗旬が若手監督役。

共演者にも高良健吾、臼田あさ美と好きな役者さんの名前。

これを見ずに、なにを見る

私の中では、それくらい見たくて仕方のない作品でございました



【上映前舞台挨拶】
沖田監督、役所さん、小栗さんの3名が登壇。
ちなみに、かなり重要な役で出演されている、
古館さんは、私の左斜め後ろの席に一般客に、
紛れて座っていらっしゃいました

小栗さん、役所さん情報によると、
沖田監督、かんなり緊張されていたらしく、
本日の舞台挨拶のために新調したジャケットを、
電車の中に忘れてしまう失態。六本木ヒルズの中で、
改めて購入し、登壇されたそうです。

他にも、役所さんが、
小栗さんが役所さんを評した、
「良い意味で、普通のおじさんでした」を、
通訳さんが、「OLD MAN」と英訳したことに対して、
「真意は伝わっているのでしょうか」と、笑いながら突っ込んだり、
上映前の段階から、劇場は、たくさんの笑いで包まれていました

ここまで明るい雰囲気の舞台挨拶、あまり遭遇しません。
そして、こういうのって、案外映画の中身に反映するんですよね。

今回も期待できそうです



【あらすじ】
木こりの克彦が暮らすのどかで小さな山村。
そこへ突然やってきたゾンビ映画の撮影隊に、
住民は戸惑いを覚える。ひょんなことから、強引に
手伝わされることになった克彦は、気弱な若手監督、
田辺幸一と触れ合うことで、映画の面白さに目覚め、
幸一にも、変化が生まれてくる。映画は、山村は・・・。


【10行感想】
涙を流すほど、映画で大笑いしたのは、超久々。

役所さん、小栗さん、古館さん、
全員に共通しているのが“間”で笑いを取るのが匠級

「逃げる」「おにいさん!おにいさん!オイ!じいさん」
ゾンビの動きがごとき、温泉内、浮力を生かした水平移動。

そして「ディレクターズ・チェア」。監督の名前は自分の息子と同じ。

演出、小ネタで、途切れることなく、
笑いを起こしながらも、人の成長を温かく見つめ描いていく。

手にした“自信”“信頼”“居場所”
それは“雨”からの粋な贈り物だったのかもしれない


【上映終了後Q&A】
「監督どうぞ!」

司会者の声に迎えられて登壇してきたのは、
沖田監督ではなく、なんと予定になかった、田辺幸一監督(小栗旬)

これには上映後の大拍手再現。
いや、それをも上回る大歓声(私、立ち上がりかけた

その後、沖田監督も登場。
小栗さんに負けない大きな拍手で迎えられていました。


映画祭醍醐味のひとつ=Q&A

え~~、ここまで、たくさんの手が挙がる光景、初めて

私がききたい質問、別のかたが質問してくださいました。

質問:「どうしてロケ地に岐阜県を選ばれたのですか?」
回答:「克彦が居そうな場所を探していた。ここなら克彦がいそうに思えた。
    スタッフたちと、克彦いるね!ここならいるね!!と。それで決めた」

深くなるので突っ込みませんでしたが、私は、
「岐阜県を舞台にすると、下呂・高山=西部になる傾向が強いけど、
 どうして、今回は恵那・南木曽=東部を舞台にしたのですか??」

明知鉄道なんて、ハッキリ言って、渋すぎます!!


その後も、小栗さんが監督役を演ずるにあたり、
沖田監督の癖、爪噛んだり、腕噛んだり、唇噛んだり、を
真似しまくったこと、など、こちらも笑いが絶えませんでした。

ちなみに、沖田監督、カメラ越しに小栗さんを見て、
どんどん自分に似てくるなぁ、と苦笑いしていたそうです


【まとめ】
うん、宣言通り、長い!
もうすぐ、2000字突破


Q&A終了後も拍手が鳴りやまず、
帰る人、皆さま笑顔が溢れていました


公開予定は、来年の2月11日。
『南極料理人』に続くロングヒットを確信しています


〈追伸〉
田辺監督のゾンビ映画は、いつ公開されるのですか



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。