せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回東京国際映画祭・提携企画~2011日本・中国映画週間~『肩の上の蝶』(中国)


予告編。
音楽と映像が



■10月21日(土)14:00~ 有楽町スバル座


東京国際映画祭提携企画、
“日本・中国映画週間”で鑑賞。

去年5月の日中首脳会談において、
温家宝首相が日中首脳会談で提案し実現したもの。

6月8日~18日まで、北京と上海で開催。
10月22日~30日まで、東京と札幌で開催されることとなりました。


F2009020414453400076[1]

完璧にグイ・ルンメイ目当て

今作の上映そのものに気づかず、
同時刻に他作品のチケットを購入してしまっていたのですが、
そちらは犠牲にし、今作に駆けつけてしまいました。まったく、
アホというか、熱心すぎると、いうか我ながら呆れ果ててしまいます

◆   ◆

上映開始前に、
ジャン・イーイェンの舞台挨拶。

撮影が北海道、熊本県の親善大使経験有、
半年間エイベックスで勉強した経験有

温泉と日本酒が好き

舞台上で公言するほどの日本通でございました。

舞台に上がった姿はオーラ全開だったのですが、
スクリーンで見た姿は西田尚美に似たほんのり系。
舞台で見るよりも、スクリーンで見る姿のほうが好みでした

◆   ◆

このあと驚きの出来事が!
「ここでお客さまからも質問を受けつけたいと思います」

えっ?上映前に、なに聞けっちゅうんですか??

それでも何人かは挙手。
そして何故かその中に私の手も

残念ながら当たりませんでしたけどね

◆   ◆

ちょっとひとこと、
国際的な祭事を有楽町スバル座でやるのはいかがと。
たしかに、一昔前の中国京劇を演じそうな舞台がある古めかしい映画館だけども。

上映開始の合図に昔の小学校のようなチャイムが、いつものように、
籠った音で響いたとき、小っ恥ずかしくて首をすくめてしまいました

◆   ◆

【鑑賞直後の感想】
あらあら自然との共生2連発になっちゃったね
ロケ北海道、東京、音楽・久石譲さん担当、他にも、
日本人スタッフの名前多数、こりゃ日本で一般公開されそうだな


【あらすじ~ざっくり版~
近未来のお話です。
植物を研究する男性。
その男性と両想いの女性。
その男性に思いを寄せる女性。
その男性を取材する女性記者。

ある日、花が咲くと恋が実るとの、
言い伝えが残されている老木の麓に種を植える。

そして、綺麗に咲いた花に男性が、
顔を近づけた瞬間、昏倒、意識不明になってしまう。

彼を救おうと彼女は・・・。


【全体感想~ここまでが長いので短めに(反省)~】
①映像・景色が美しい
 北海道にCGがプラスされているのだと思います。
 お世辞抜きにスバル座では映画のポテンシャルを、
 すべて発揮できていないのが悔やまれるほどの美しさ。
 序盤に関しては、3Dで鑑賞してみたい気持ちが一杯です。

②ディズニーっぽい
 映像の影響もありますが、
 彼女が蝶になる、という設定からも、
 ファンタジーっぽく、さらに究極の、
 悪人がいない点も、ディズニーっぽいです。

③自然との共生
 くしくも本日1本目に鑑賞した、
 『ホーム』と重なっています。
 
 人間は生きていく
 自然も生きていく
 
 人間が住みよい街を作るため開発
 森林は伐採され自然が破壊をされていく
 ハーモニーのバランスが崩れ新種の病原菌が発生
 やがては住み慣れた故郷を離れざるを得なくなってしまう・・・。
 
 「鳥インフルエンザ」
 大量飛散による「花粉症」の大発生
 
もう映画の世界の中だけのものではなくなっています・・・。
 
 
【グイ・ルンメイファンとして】
と、グイ・ルンメイのこと書いてない。
恋敵の役を好演していましたが彼女の魅力全開とまでは。

『言えない秘密』でも魅せてくれた
自転車をこぐ姿は相変わらず絵になってました。

そして、実年齢は20代後半のはずなのに、
学生を演じていても違和感がないのも彼女の武器。

昨年『台北カフェストーリー』でも書きましたが、
来年こそ、東京にお越しいただけるのをお待ちしております


【まとめ】
中だるみがあったのは気になりましたが、
ファミリー向けのファンタジックな作品でした。

私の頭の中では、新興マンションの中にある、
シネコンで、ときにお子様が歓声をあげながら、
笑顔で世界に入っている図が浮かんでいます。


一途な恋愛、勇気
気づかなくても見守ってくれているもの
温かく手を差し伸べてくれる人(虫)がいること


これまで見た中国作品とは良い意味で異なる作品でした。
だからこそ、日本での公開方法が難しそうですね



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。