せぷたか。の徒然なるままに☆彡

映画・ドラマ・本、日々の出来事など 徒然なるままに、綴ります☆彡

Category [JAPAN ] 記事一覧

スポンサーサイト

トーキョーノーザンライツフェスティバル2013『杉原千畝の決断』(1999・アメリカ/日本)

↑   ↑本編の序盤と、杉原千畝の生涯を簡潔にまとめた動画■2月10日(日)16:30~  ユーロスペース スクリーン2*確信!やっぱ、背もたれの角度が微妙におかしい!!■恐縮ですが、、、ワタシの評価:★★★★★(5点満点) *関連書籍「 6000人の命のビザ 」、買ぁおうっと■タイトル「 日本の“シンドラーのリスト” 」 【 まえがき~迷う~ 】同時刻、東銀座で2012年キネマ旬報表彰式開催昨年初参加し、今年の参...

第13回東京フィルメックス『おだやかな日常』(12・日本/アメリカ)★コンペティション★

↑   ↑予告編、舞台挨拶、質疑応答、テレビゲスト、怒涛の動画4連発■11月29日(木)18:30~  有楽町朝日ホール*満席かと思いきや、案外空席が目立って、びっくり■恐縮ですが、、、ワタシの評価:★★★★☆(4点) *ある一点に重きをおくと、0点どころか、マイナス点になります■タイトル「 『希望の国』より好かった!『ふゆの獣』より遥かに良かった!! 」 【まえがき~段差~】有楽町朝日ホールの座席。F列は前...

第13回東京フィルメックス『あたしは世界なんかじゃないから』(12・日本)★コンペティション☆ワールドプレミア★

↑   ↑なんだかんだ言いもって、また本編を見たくなってしまった予告編と、舞台挨拶、質疑応答、動画3連発■11月27日(火)18:20~  有楽町朝日ホール■恐縮ですが、、、ワタシの評価:★★☆☆☆(2点) *比類なき胸糞悪い後味にした勇気に対し、プラス1点■タイトル「 生理的に合うか合わないかが、最重要ポイント 」 【まえがき~地雷~】上映前、舞台挨拶の登壇者、監督・キャスト、合計9名。立ち姿から放たれるオ...

第13回東京フィルメックス『BAD FILM』(12・日本)★特別招待作品~Focus on Japan★

↑   ↑上映前の舞台挨拶と、上映後のQ&Aの様子■11月24日(土)13:10~  有楽町朝日ホール*9階から11階へ、ダッシュで移動■恐縮ですが、、、ワタシの評価:★☆☆☆☆(1点) *これを、映画と云ってイイのか、私にはわからない■タイトル「 まさに“BAD FILM”だった・・・ 」 【まえがき~パンフ~】映画祭に参加するときは、必ず購入する公式パンフレット。今回、購入特典で、アニエスベーがデザインした、...

第25回東京国際映画祭『終の信託』(12・日本)★特別招待作品★

■10月28日(日)12:45~  TOHOシネマズ六本木 スクリーン3*このあと、再びシネマート六本木に戻ったのち、 また、TOHOシネマズ六本木に舞い戻る■恐縮ですが評価:★★☆☆☆(2点) *見る順番を間違えた分、自省を込め加点しました■タイトル「 眠れる美紳士 」 【まえがき~厳密に言うと・・・~】東京国際映画祭の特別招待作品で上映されていましたが、27日から始まった一般公開で鑑賞をしました。ただ、映...

第25回東京国際映画祭『横道世之介』(12・日本)★特別招待作品☆ワールド・プレミア★

↑   ↑たぶんショートヴァージョンだと思う予告編と、伊藤歩さんが『渾身 KON‐SHIN』とは違う衣装で登場しているグリーンカーペット■10月27日(土)16:35~  TOHOシネマズ六本木 スクリーン6*映画祭サイドも、せめてスクリーン2か5で上映したかったと思うけど・・・■恐縮ですが評価:★★★★★(4.5点) *映画鑑賞後に原作購入も、 上映時間160分は、さすがに長いよなぁ、、、と感じた分、0.5点マイナ...

第25回東京国際映画祭『NOT LONG、 AT NIGHT 夜はながくない』(12・日本)★日本映画・ある視点☆ワールド・プレミア★

↑   ↑やっぱり画はきれいだなぁ、とうっとりしてしまう予告編■10月26日(金)14:15~  TOHOシネマズ六本木 スクリーン3*ダッシュで、本日1本目を鑑賞したスクリーンに戻ってきました■恐縮ですが評価:★☆☆☆☆(1点) *熊本、そして天草の風景美に、1点献上■タイトル「映画が壊れた瞬間(とき)」 【まえがき~反省~】1本目の鑑賞前、映画祭スタッフの、ありえないホスピタリティ対応に感激それなのに舌の...

第25回東京国際映画祭『少女と夏の終わり』(12・日本)★日本映画・ある視点☆ワールド・プレミア★

↑   ↑ワンシーンの写真。本編自体出来たてホヤホヤで、予告編は、まだ作られていないみたいですネ【まえがき~東京国際映画祭スタッフへ大感謝~】本日、当初の予定では、映画祭疲労回復のため、途中2時間のインターバルを取り、1日5本鑑賞の予定でした。ところが、やはり映画祭の魅力に抗えず、休憩時間の2時間にピタッとはまる『恋の紫煙2』も見ることに前売券は完売していたため、今回の映画祭では初めて当日券購入の列...

第25回東京国際映画祭『黒い四角(12・日本)★コンペティション☆ワールド・プレミア★

Video streaming by Ustream↑   ↑本編を見たからこそ、感涙が蘇える予告編と、東京国際映画祭公式記者会見の模様■10月21日(日)17:10~  TOHOシネマズ六本木 スクリーン7*今映画祭初の、一番大好きな“スクリーン7”で鑑賞■恐縮ですが評価:★★★★★(5点満点) *不意に涙が零れ落ちる、予想外の事態発生■タイトル「“黒い四角”が有ったら、あなたは誰に会いたいですか」 【まえがき~疲れと現実~】本日2本鑑...

第25回東京国際映画祭『渾身 KON-SHIN』(12・日本)★特別招待作品★

↑   ↑”まさか、これからブログで指摘する表情のアップがあるなんて”の予告編■10月21日(日)12:20~  TOHOシネマズ六本木 スクリーン5*『リアリティー』から移動してくる人、案外多いですね■恐縮ですが評価:★★★★☆(4点) *泣き疲れるほど泣いたものの、 オープニングの演技力と、クライマックスの編集が・・・・・・■タイトル「古式日本にこだわりぬいた“良作”」 【まえがき~切り換え~】『リアリティー』の衝...

第12回東京フィルメックス『RIVER』(11・日本)★特別招待作品★ワールドプレミア★

↑   ↑予告編は、まだできていないみたい上映当日、舞台挨拶の様子↑   ↑予告編完成↑   ↑上映終了後のQ&Aの様子。今度は、私の質問はカットされてませんでしたただ、すみません、拙い質問だったような気が■11月27日(日)13:20~  有楽町朝日ホール*ここからの2作品が個人的に最も楽しみにしていた映画が続く■恐縮ですが評価:★★★★★(5点)*廣木監督との相性がイイんだと思います■タイトル「生きる、生きていく、先逝...

第12回東京フィルメックス『KOTOKO』(11・日本)★特別招待作品★

↑   ↑ようやくUPされました大盛り上がりの上映前舞台挨拶の様子↑   ↑Coccoさんの熱烈なファンが、大挙、詰めかけていたと思われる、上映終了後のQ&A■11月26日(土)15:40~  有楽町朝日ホール*今映画祭、鑑賞参加作品の中で、一番の熱気を感じた■恐縮ですが評価:★★★★☆(4点)*毀誉褒貶が激しそう。実際、近くの席で途中に帰った人2人いたし■タイトル「天才同士が起こしたケミストリー」今映画祭の前売券争奪戦。瞬時に売...

第12回東京フィルメックス『東京プレイボーイクラブ』(11・日本)★コンペティション★

↑   ↑作品の雰囲気が出まくっている予告編↑   ↑上映前の舞台挨拶私は初の生臼田あさ美さんに視線釘づけ↑   ↑生々しい撮影秘話などが語られた上映後のQ&A最後のオチもお見事■11月25日(金)18:40~  有楽町朝日ホール*金曜日、終業後の時間とあって、会場は熱気に溢れていました■恐縮ですが評価:★★★☆☆(3点)*奥田監督、商業映画1作目なので、甘めにしちゃいました■タイトル「遠慮したのかな?R18にまで振り切っちゃ...

第12回東京フィルメックス『無人地帯』(11・日本)★コンペティション★ワールドプレミア★

 ★★今作に映る福島に住む人々への想いにスペシャルメンションが贈られました★★↑   ↑予告編。報道には映らない生の声を聞けます↑   ↑上映前。少し緊張気味に見えた舞台挨拶というよりも作品への注釈↑   ↑上映後のQ&A。真剣な面持ちで答えていたのが印象に残っています■11月25日(金)18:20~  有楽町朝日ホール*西洋系外国人のお客さまが多かった気がする■恐縮ですが評価:★★★☆☆(3点)*1点と5点が混在しているよう...

第12回東京フィルメックス『お引越し』(93・日本)★特集上映 相米慎二のすべて★

↑   ↑予告編がありました↑   ↑撮影当時を振り返るインタビュー。あとで、もう一度、ゆっくり見~ようっと■11月20日(日)15:30~  東劇*うわっ!こんなところに喫煙所があったんだ!なんか臭うと思った■恐縮ですが評価:★★★★★(5点満点)*この作品を大スクリーンで鑑賞できた奇跡に感謝感激■タイトル「田畑智子が凄すぎる!なんだ、この11歳は!!」本日の東劇2本目の鑑賞。東劇で2本鑑賞した後は、10分ほど歩き、有楽町朝...

第12回東京フィルメックス『台風クラブ』(85・日本)★特集上映 相米慎二のすべて★

↑   ↑今作の見せ場のひとつさすがに、1985年作品の予告動画はなかった↑   ↑上映終了後のトークショーの様子で~す■11月20日(日)13:00~  東劇*歌舞伎座の残り香が薫る映画館■恐縮ですが評価:★★★★☆(4点)*完全には良さがわかりませんでした。これがプロとアマの差なのかな■タイトル「訳もわからず、弾けていた、若かりしあの頃・・・」相米慎二監督、今作のタイトル、聞いたことは、何度もありますただ、鑑賞したこと...

第24回東京国際映画祭『ギリギリの女たち』(日本)★震災を超えて★ワールド・プレミア★

↑   ↑当日の舞台挨拶の様子長女は欠席。長女から「絶対に泣くな!」と言われてたそうです。でも泣きかけてた■10月29日(土)13:50~ TOHOシネマズ六本木5番SCREEN*そういや、今映画祭5番で鑑賞するの初めてだ■恐縮ですが評価:★★★★☆(4.5点)*断然、星1個の人のほうが、多い自信がある■タイトル「毀誉褒貶が激しそう!これぞギリギリの映画!!」今映画祭の審査員も務めた小林政広監督。『愛の予感』以降、全ての作品を鑑賞し...

第24回東京国際映画祭『キツツキと雨』(日本)★コンペティション★World Premiere★

★審査員特別賞受賞★↑   ↑予告編です。久々の日本語だ↑   ↑映画祭で行われたインタビューです■10月23日(日)14:30~ TOHOシネマズ六本木7番SCREEN(やっぱり7番がスクリーンも超デカくて一番好きだよ)■タイトル「最初から最後まで笑いが止まらず。もちろん涙も!」■恐れながら評価:★★★★★(満点) 「南極料理人」がツボだった人は、今回もど真ん中のはず~たぶん今回は長くなる。少しネタバレも~邦画で唯一のコンペティシ...

第24回東京国際映画祭『ハラがコレなんで』(日本)◆特別招待作品◆

★予告編で~す。日本語、久々の気がする↑   ↑10/28:東京国際映画祭の舞台挨拶の模様を追加しました★印象に残ったワンシーン。見上げているものは、見てのお楽しみ『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』石井裕也監督最新作正確に言うと、試写会で鑑賞したのですが、試写会会場が、東京国際映画祭会場のひとつでもあるシネマート六本木だったのもあり、わたしのなかでは、今作が、東京国際映画祭オープニング作品でござい...

ご案内

プロフィール

せぷたか。

Author:せぷたか。
映画・ライブが好き♪

映画の内容以外に、
映画鑑賞周りの出来事など、
日々、日記調で綴ってます♪♪


”映画祭”
”アジア映画”を最優先で、
見ていま~~す(^◇^*)/


そして、今、
SKE48にも少々(≧∇≦)

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の時間は?

記事から探す

お調べになりたいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください。

最新記事

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ご訪問ありがとうございます♪♪

☬映画.com最新ニュース☬

❤ぴあ映画生活満足度ランキング❤

いらっしゃいませm(._.)m

お得な情報はコチラ\(^▽^)/

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。